コラム

 公開日: 2013-07-02 

基礎から指南!接客・接遇マナー12≪「従業員満足」に向けて≫

以前、「従業員満足」が、引いては「顧客満足」を実現するお話をいたしましたが、現実には、従業員が、様々な不満や不安を抱えたり、犠牲になったりしているケースが多々あります。

そして、その不満や不安の内容も程度も、非常に多岐にわたり、複雑多様になっているのが現状です。

このような状態で、いくら売上向上対策や社員研修を実施しても、高い効果は望めそうにもありません。

従業員、指導的立場にある人、経営にかかわる人、それぞれが、相手の言い分に耳を傾け、理解し、尊重する態度が必要不可欠です。

今回は、顧客満足を実現する手段として、とても大切な「従業員満足」を、少しでもアップさせる方法に触れます。
出来るところから実行して頂ければ嬉しいです。

○労働環境・待遇・制度等の充実
どんなに優秀な従業員でも、働く環境や賃金や職責等の待遇面が悪ければ、モチベーションは下がる一方で、本来の実力は発揮できません。
時代に即応した、休暇制度や福利厚生施設や退職金制度など、総合的に魅力あるものにしていくことが望ましいです。

○将来への展望、仕事への意欲づけ
独身の場合は結婚という人生の大きな選択が待ち受けています。
既婚者は家族計画を描く必要が有ります。
従業員が結婚し、やがて子どもができれば、仕事を通じた将来設計が必要になり、そのベースになるのが職場の存在や在り方です。
将来の展望が明るい方が、希望が持てます。

○良好な職場の人間関係
職種は本人の意思により決めますが、職場は本人の思うようにはいきません。従って、仕事の内容もさることながら、人間関係を円滑にすることが大切です。

実際に、仕事の内容や通勤方法や賃金で悩んでいるより、職場の人間関係で悩んだり、退職する従業員が圧倒的に多いのが現状ではないでしょうか?

風通しをよくして、気軽にコミュニケーションが取りやすい環境を整えることが必要不可欠です。

例えば、先に触れました、「身嗜み」を決める会議にしても、管理職も正社員も派遣社員もアルバイトも、全て同じ目線で、自由に意見が述べられるようにすることが大切です。

企画会議、販促会議などでもしかりです。
管理職も、正社員も、非正規社員も、皆サービスの提供者でもあると同時に、消費者です。
お茶でも飲みながら、思い思いの意見を、自由に述べることができる雰囲気作りをお勧めします。

さらに、職場における先手必勝の挨拶しかりです。
立場、年齢、男女の区別なく、相手の存在に先に気が付いた方から、前向きの挨拶をすることが基本です。

「近ごろの若者は・・・。」と言うようになれば、歳をとった証拠だと言われますが、最近は時代の流れが余りのも早いので、世代間のギャップも多々あります。

自分のやり方や考え方が正しいと意地を張るのではなく、「そのような考え方もあるのだなあー」というように、相手を尊重することも大切です。

人間関係が良好に保たれ、明るく、働きがいが有る職場では、一人ひとりのモチベーションが高まると共に、総合的な人間力がアップします。

その結果、職場全体のサービスレベルが大幅に向上し、顧客満足につながります。

だから、マナー研修会が大切なわけです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ