コラム

 公開日: 2013-06-30 

マナーうんちく話562≪お賽銭のマナー≫

今日で6月も終わりですね。
今年も、一年の半分が過ぎました。

皆様にとっては長い半年でしたか?短い半年でしたでしょうか?
いずれにせよ、残りの半年、元気でご活躍下さいね。

さて、一年の半分が過ぎたところで行われる行事に「夏越の祓え」が有りますが、ご存知でしょうか?

「なごしのはらえ」と読みますが、今まで過ごしてきた半年分の、罪や穢れをはらうと共に、後半の半年が、「何卒元気で過ごせますように!」とお願いする儀式です。
半年単位ですから、12月にも行われます。

毎年、6月の終わり頃になると、大きな神社では見ることができると思いますが、ススキやスゲ、すなわち萱(カヤ)と呼ばれる草で編んだ、人がくぐれるくらい大きな輪が用意されます。これを「茅(ち)の輪」と呼びますが、これをくぐって、穢れや罪を払い、これから半年の無病息災をお願いするわけです。

要するに、年に二回の大事な除災儀礼です。

ところで、私たちも度々神社・仏閣を訪れ、無病息災、商売繁盛、縁談、合格等、様々なお願いごとをする機会が有ります。

いくら科学が進歩したとはいえ、「神頼み」は人の心に生き続けていますね。
そして、その際お賽銭を納めますが、どのようにして、お金を入れますか?

つまり、お賽銭箱に、お金を投げ入れるか、静かに入れるかということです。

お賽銭を納める場合は、色々な人がいます。
ご縁が有りますようにと5円納める人、充分ご縁が有りますようにと15円納める人、中には景気よく1000円や10000円納める人もいます。
縁が遠のくから、十円はダメよ!と言う人もいるようです。

また、静かに入れる人もいれば、景気づけに荒々しく投げ入れる人もいます。
意外に、お賽銭の額や入れ方までこだわって、縁起を担ぐ人が多いようですね。

しかし、お賽銭には縁起は有りませんので、気にすることはないと思います。
また、お賽銭、即ちお金を投げていいのか、悪いかは、特に決まりはないようですが、私はお金を乱雑に扱うのは気が引けますので、お賽銭箱の上から静かに落とします。

昔は、神様に、命に次に大切な物、つまり命の元になる、米や魚や野菜等を納めていたわけですが、やがて、貨幣経済が発達するにつれ、お金が食べ物と同等、あるいはそれ以上に価値が有るようになったので、お金に取って代わった次第です。

その名残もあって、今でもお金の代わりに米を納める人もいます。
要は、お願いごとをするに当たり、食べ物やお金、つまり生きて行くために不可欠の物をお供えして、神様に心意気と言うか、真剣さを表明したわけです。

ただ、神様のご利益は、金額には比例しませんので、心を込めることがなりよりだと考えます。
人付き合いも同様ですね。

ちなみに、神社に奉納する金額は、「初穂料(はつほりょう)」と言いますが、この意味は、その年に初めて収穫した稲や麦などの穀物を、神様にお供えして、収穫を感謝したことに起因します。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1512《「金持ち」もいいけど「友持ち」「仲間持ち」もね。(終活⑤)》

ひと歳重ねてつくづく思うことは、高齢期を《幸齢期》にするためには気の置けない「友人」や「仲間」が大切だとい...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ