コラム

 公開日: 2013-06-28 

基礎から指南!接客・接遇マナー⑪≪大切にしたい自分満足と従業員満足≫

このコラムは33年間に及ぶホテルでの接客の経験、通信教育・講演・講座・書物から得た知識、及び指導経験に基づき、私の視点でお話ししています。

そのような経験や知識を交えて、接客・接遇に携わる人に一番お伝えしたい事は、先ず「自尊心」を持つことです。

おかしな自惚れやプライドではなく、自分を大切にして下さいと言うことです。
自分を大切にすると言うことは、自分の「気持ち」と「身体」を大切にすることです。

《マナーうんちく話》でも度々触れましたが、「衣食足りて礼節を知る」と言う諺が有ります。
人の世話をするには、「自分が充実していなければいけない」と言う意味です。

ある目的を持ってこられたお客様に対して、心を込めて、おもてなしをするのが接客・接遇の基本ですが、それを「ホスピタリティ」と言います。

そして、その意識を持つことを「ホスピタリティマインド」と表現し、これについては、順次詳しく触れて参りますが、お客様に、心を込めて、おもてなしができる大前提は、自分自身が、心身ともに充実している必要が有ります。

自分の気持ちが充実していなければ、とてもお客様の気持ちを理解することはできませんよね。

さらに、風邪をひいたり、二日酔いになったり、歯が痛たかったり、花粉症になったりして、体調がすぐれない時には、お客様に笑顔で接することは、なかなかできません。

特定の仕事を除き、体調不良で、マスクを着用したり、衣服を重ね着したりすれば、お客様に不快感を与えることにもなります。

夫婦や家族円満に心がけたり、色々な人と良好な人間関係を築いたりするスキルも必要です。

ちなみにこの項目については、併せて「マナーうんちく話」《良好な人間関係のマナー》を参考にして下さい。

接客・接遇マナーは単独ではお話しできません。
色々な要素が複雑多様に組み合わさっています。従って、同時連載中の《マナーうんちく話》共々お付き合い頂ければ嬉しいです。

さて、話しの続きになりますが、自分の気持ちを大切にするには、ストレス緩和方法を身に付けることも大切ですが、ストレスに強くなることも大切だと考えます。

ちなみに、私は結婚式の仕事が長かったせいか、常にストレスは付き物で、いちいちその都度ストレスを緩和するより、ストレスそのものに強くなることを心掛けてきました。これについては又機会が有ればお話しいたします。

さらに、バランスの良い栄養、休養、運動、睡眠の改善など、いわゆる日頃の生活習慣を出来る限り正すことはとても大切です。

このようにして、自分自身を大切にしたら、次に自分の大切な人、つまり伴侶・家族・友人等を大切にして下さい。
伴侶・家族・友人の事を好きになることです。

そして、職場の仲間を大切にして下さい。すなわち、仲間を好きになって下さい。こうなると、お客様を好きになり、お客様を大切にすることが可能になります。

接客・接遇を支えるのは、その人の人間力が大きく影響します。
来られたゲストが、「良かった」、「また来たい」、と言う気持ちになるには、安心感や満足を提供しなければいけません。
そのためには、接客・接遇係が不満足では無理だということです。

つまり、「顧客満足」には「従業員満足」が必要だと言うことです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

63

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1485《物の豊かさから心の豊かさを「精神的成長」のお勧め》

日本はここ半世紀の間物質的には大変豊かになりました。衣食住においても世界屈指と言えるでしょう。勿論とて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1482《打ち合わせ中に携帯電話が鳴った。どうする?》

今や公私とも携帯電話を持ち歩かない人は珍しいでしょう。携帯している以上所かまわずかかってきます。掛け...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ