コラム

 公開日: 2013-06-27 

マナーうんちく話561≪鮎の塩焼きの正しい?食べ方≫

稚魚の不漁により、価格が鰻上りに高騰している鰻ですが、その点、鮎は鰻と同じ位高級魚で美味ですが、値段も落ち着き、食す機会が多い魚ですね。

今年も鮎の美味しい季節がやってきました。
釣りやグルメに、ワクワクされている方も多いと思います。私もその一人です。

鮎は川魚の「女王」と呼ばれるだけあって、姿、形、香り、そして味は格別で、古くから日本人に親しまれ、季節により様々な呼び方を持っています。

鮎は、早春から春にかけては、川を遡(さかのぼ)ります。
これが「上り鮎(のぼりあゆ)」「若鮎」で、秋になると今度は産卵をするため、川を下りますが、これが「下り鮎」「落ち鮎」です。

また、スイカやキュウリに似た独特の香りがするので「香魚」、さらに、一年で一生が終わるので「年魚」、加えて、水の中では口が銀色に光るので「銀口魚」とも呼ばれています。

さらに、春の季語では「若鮎」、夏の季語では「鮎」、秋の季語では「落ち鮎」、冬の季語では「氷魚(ひうお)」などと、四季折々の季語を持っています。

鮎も戦後養殖が行われるようになったため、天然と養殖がありますが、何を持って天然と定義するか私にはよく解りませんが、一般的には、養殖と天然の見分け方で、一番わかり易いのは色だと思います。天然の鮎は黄色が濃く表れ、養殖は黒色がかっているのが特徴とされています。

次に匂いです。天然モノは香りがきついですが養殖はあまり匂いません。
また、天然の鮎は、主に藻類を食すので脂肪分は有りませんが、養殖は脂肪が多いのが特徴です。

毎年6月に入って、鮎魚が解禁になると、「鮎魚解禁、太公望繰り出す」等と言う身だしなみで初夏の風物詩として掲載されますが、鮎はいずこにも生息します。全国的に特に鮎が有名な川があるようですが、なんといっても「おらが故郷の鮎」が一番のようですね。

ところで「最近の若者は・・・。」と言い出したら年を取った証拠と言われますが、それと同じく、歳を重ねて来ると、つい「蕎麦の食べ方」と「鮎の塩焼きの食べ方」についてウンチクを語りたくなるものです。

およばずながら私もその内の一人ですので、今回は「鮎の塩焼きの食べ方」についてのウンチクです。

堅苦しい決まりはないと思いますが、歯の丈夫な人と丈夫でない人、改まった場所と気軽な場所、天然と養殖、鮮度等により多少異なります。

歯が丈夫で、気軽な雰囲気で食す、天然の鮎の塩焼きは、先ず尾びれ・背びれを取り除き、丸かじりする。かじるのは、頭からでも腹からでもお好きな所からどうぞ。品や教養はかなぐり捨てて、とにかく丸かじりする。これに勝る食べ方はないでしょう。

鮎は香りと内臓のほろ苦さが、何とも言えない味です。
身は食べるが、内臓は苦手と言う人には向きません。

歯が丈夫でなく、鮎の内臓が苦手な人は、秋刀魚等と同じ食べ方がお勧めです。
先ず、上の身を頭の部分から尾にかけて食し、上辺が済んだら、背骨と頭をはずして下の身を食べる食べ方です。

次に、身をほぐして、頭と骨を外して食す方法です。
箸で身の部分を押さえて、身をしっかりほぐして下さい。
ポイントはしっかりほぐすことです。ほぐれたら、頭を手で持って、軽くねじるようにしながら、頭と身体を切り離します。この際、頭と身体の境の部分の皮をキチンと切って下さいね。但し骨は切らないでください。

こうして、頭を持って、少しねじりを入れた状態でゆっくりと引いて頂いたら、頭と身体が綺麗に切り離せます。そしたら、頭と骨の部分を皿の上側に置き、身の部分を食します。

ちなみに、鮎は「魚」編に「占」と書きますが、これは色々な説が有ります。昔、神功天皇が鮎で戦の勝ち負けを占ったからと言う説や、鮎は縄張りを持つ習性、つまり自分の居場所を独占するので「占」と言う字が付く説が有ります。

この夏、鮎を食べる機会が有れば、大吟醸酒と共に、うんちくを語りながら、楽しく上記の食べ方をおためしください。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ