コラム

 公開日: 2013-06-26 

基礎から指南!接客・接遇マナー10≪良好なチームワークの築き方≫

すでに、お話しいたしました「従業員満足」が実現したら、職場が明るく元気になり活気づきます。そうなれば、いよいよ職場全体の雰囲気を盛り上げて下さい。

前回チームワークの大切さをお話ししましたが、今回は、今までの復習も兼ねて、具体的に良好なチームワークを築く方法に触れてみます。
リーダーの力量が問われますが、実現すれば鬼に金棒です。

皆さんの職場のチームワークはいかがでしょうか?
リーダーは、とても気になるところですね。

ちなみに、「チーム」とは、ある目的を実現するために集まった二人以上の集まりのことです。従って、「チームワーク」とは、ある目的を実現するための行動や作業や意識や協力体制の事だと、認識して頂ければ結構だと思います。
だから、「チームワークが良い」のと、「仲良し」とは若干意味合いが異なりますね。

●良好なチームワークの築き方

○目的が明確である事
前述した「チームワーク」の意味をご理解いただいたら納得頂けると思います。管理職も正社員も非正規社員も、全ての人に、目的が共有化できている事が大切で、ここが軸になります。

○情報の共有化
多種多様な情報のうち、どの情報を共有化するか?は、それぞれ職種により異なりますが、ポイントは、情報を知っただけでは、あまり効果は有りません。データーを整理して、体系化することにより、互いに助け合うことができます。
管理者、リーダーの力量が問われるところでしょうか。

○一人ひとりが「自尊心」を持つ
従業員全てが、自分自身の「身体」と「気持ち」を大切にすることです。
例えば、体調不良により、欠勤することになれば、他の従業員に多大な迷惑をかけることになり、チームワークを阻害する要因になりかねません。
勿論、「困った時はお互い様」ですが、限度が有ります。
責任と自覚が大切です。

○一人ひとりが素敵なマナーを発揮する
自分を充実出来れば、チームのために一肌脱ごうと言う気になります。
マナーの基本精神、すなわち「思いやりの」「感謝」「尊敬」の心を常に抱き、それを態度・表情・言葉、あるいは文章などで発揮することが大切です。
お客様に素敵なマナーを発揮することはとても大事ですが、その前に、目の前の同僚や先輩や上司に発揮して下さいね。

○「和を持って貴しとなす」
大切な事は独断で決定することなく、皆で熱心に議論して決める雰囲気を整えることです。すなわち、自分の考えを気軽に発言できる場が有り、かつ、互いに相手の話を聴いて、それを尊重する態度を有することが大切です。
「仲良き事は美しき事」と言われますが、自分と意見の異なる人に、無理に妥協したり協調するのではなく、不平不満が有れば正直にモノ申し、互いに理解し合い、歩み寄りをすることです。

○チーム内で「報告・連絡・相談」を徹底する
この項目については別の機会で詳しく触れて行きますが、この3項目はとても大切です。

○最後に、上記の事を取りまとめるリーダーの力量
チームワークが取れてない職場は、往往にしてリーダーが無能であったり、力量に欠けることが有ります。
どこの職場にも、単独行動に走る人、自己主張が強い人はいます。それを上手にコントロールするのがリーダーの役目だと考えます。

職場に、信頼関係が無い、協力体制が無い、歩み寄りが無い、そして言いたい事が言えず常に遠慮している人も存在します。
早い話「人間関係」がなっていないと言うことです。

どうも、チームワークがおもわしくないと感じられたら、「マナーうんちく話」《良好な人間関係の築き方》を参考にして下さい。
好転します。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ