コラム

 公開日: 2013-06-25 

マナーうんちく話560≪富士山と身土不二≫

長年の念願であった富士山が、ユネスコの世界遺産委員会で、「世界文化遺産登録」が決まりましたね。

陰になり日向になり、登録に向け地道な努力を積み重ねて来られた関係者に敬意を表したいと思います。

富士山は日本を代表する山で、古くから山岳信仰の対象になったり、詩歌や絵画のテーマにされたり、計り知れない文化的価値を有しているにもかかわらず、ゴミの不当投棄等のせいで紆余曲折があったことは、日本人全員が真摯に受け止め、今後につなげていくことが大切だと考えます。

この度の世界遺産登録で、さらに訪れる人が増え、ゴミ問題はますます深刻化されると予想されるだけあって、ゴミ問題に関する、自覚と認識が必要です。

そして、ゴミは何も山に限った事ではありません。
日本は島国ですから、四方を海に囲まれていますが、海辺のゴミも深刻な状況に陥っています。

周囲の景観も脅かすし、危険でもあるので早急な対策が必要です。

さらに、「飽食の国」日本の食品廃棄物も由々しき状態に陥っています。
食料自給率は先進国中最下位の国日本が、世界一「飽食の国」であり「美食の国」であることは素晴らしいことですが、世界一食べ物を廃棄することは感心できませんね。

地球上には、飢えで苦しんでいる人が10億人位いると言われていますが、心情的には、そのような人達に申し訳ない気持ちです。

ところで富士は「不二」とも書きます。
「身土不二」と言う言葉をご存知でしょうか?

仏教用語での「身土不二」と、食運動での「身土不二」が有りますが、ここでは食に関する話です。


人の身体と土地は非常に密接な関係にあり、自分が住んでいる土地で、その季節に取れた物を食べるのが、一番いいとする考えです。

昔の人は、三里四方で取れる物を食べていたわけです。
ちなみに、一里は約4㎞です。

自分の住んでいる土地で、季節・季節の旬の物を食べている頃は、食べ残しや、アレルギーはなかったと思います。

長年ホテルで、レストラン、宴会、結婚式の仕事を通じ、「食」に携わってきましたが、20年位前からでしょうか、食材は豊かになり、料理は贅沢になってきましたが、アレルギーに関することと、食品廃棄物に関することがとても気になるようになりました。

人類は常に飢えとの戦いでしたから、腹一杯ご馳走が食べられる事は、とてもいい事ですが、度を過ぎると、かえってマイナスになります。

食べ残しが多くなったり、アレルギーを始め、生活習慣病が多発することになれば本末転倒です。

「腹8分に医者いらず」と言う言葉も聞かれなくなりました。
満腹になるまで食べるより、8分目位が身体には良いよということです。
さらに、よく噛んで食べると、小食で済み、健康になると言う教えです。

さらに「一物全体食」と言葉もあります。
食材を丸ごと全て食べることです。つまり、野菜や果物は皮をむかずに、小さい魚は丸ごと生きている状態で食べると言う教えですね。

物質的に豊かになればなるほど、大量生産、大量消費のサイクルは加速され、その結果、食品廃棄物やごみは増加の一途をたどります。

改めて、自分の身体や自然に対するマナー、即ち思いやりの心を発揮したいものです。
喜劇王チャップリンの、「世界中の人がほんの少しだけステキなマナーを発揮すれば、世界はもっとよくなる」と言う言葉が身に沁みます。

富士山の世界遺産登録を機会に、マナーの大切さを再認識したいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ