コラム

 公開日: 2013-06-21 

マナーうんちく話558≪「夏至」と「お陰さま」≫

今日は雨ですから、あまり実感できないかもしれませんが、一年で最も昼が長くて、夜が短い日ですね。
暑さがさらに増し、本格的に夏に至る日、すなわち24節季の一つ「夏至」です。

省エネの一環でしょうか、夜が一番短い日にちなみ、明かりをつけない試みが多くの町で実施されています。スローな夜を楽しみましょうと言うことでしょうか。

ところで、春の彼岸には「ボタモチ」、秋の彼岸には「オハギ」、そして冬至には「ん」の付く字の「カボチャ(ナンキン)」を食べるのはよく知られていますが、夏至はどうでしょうか。

地域のよってまちまちでしょうが、「タコ」が有名です。
その理由は、この頃がちょうど田植え時期ですから、田植えを終えた稲が、タコの足のようにしっかり根付いてほしいからです。

さらに「無花果(イチジク)」を食べる地域もあるようです。
理由は、無花果は長寿の果物だからそうです。
確かに無花果は6月から7月に掛けて出回り、実も葉にも素晴らしい薬効が有るので頷けます。

また、アダムとイブが、最初に身にまとった服とされているのが、無花果の葉といわれているので、相当歴史が古い果物なのでしょうね。

しかし、節分の恵方巻き、バレンタインのチョコレート、夏の土用の鰻、クリスマスのケーキのように、商戦の話題になっていませんので、夏至にタコやイチジクを思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか。

日本の二十四節季は、美しい四季の移り変わりを細かく観察したもので、本来は全てが日常生活と深い関係が有ったわけですが、最近では、ビジネスチャンスのテーブルに乗るか否かで、認識度が決まるので、少々残念な気がします。

例えば、衣替えがクールビズに変わったり、冬至にかぼちゃを食べるより、ハロウィンの行事の方が盛大になるのは、日本人として寂しい気がします。

本当に環境に留意するなら、日本の自然の事をより理解すべきだと思うのですが、如何でしょうか?

先人が、長い月日をかけて、自然と仲良く寄り添ってきた行事が、単にビジネスチャンスに繋がらないからという理由で、消えてゆくのは感心できません。

さらに、消え去る行事と共に、消えて行く美しい言葉もあります。
最近では「お陰様」と言う言葉も、あまり聞かなくなりましたね。

先人が築いた美しい言葉が日常の会話から失せて、その代わりに、新しい造語がはびこるようになるのも、時代の流れなのでしょうか?

ちなみに、「お陰様」の「陰」は、目には見えない偉大な人、つまり、神様・仏様の「陰」を意味します。

つまり、日本の宗教観では「ご先祖様」と言うことになりますね。
従って、「ご先祖様のお陰」と言う意味です。
今、私たちが世界屈指の豊かな生活ができているのは、ひとえにご先祖様のお陰だと言うことです。

だから、日本人は、正月とお盆にご馳走を用意して、ご先祖様を自宅にお迎えしたり、お彼岸にはご先祖様が眠っているとされるお墓に、ボタモチやお萩を持参して、お参りするわけです。

良い事が有ったり、運が開けたら、「お陰様で」と言う言葉を発すれば、それを聞いた相手も、とても心地良く思えるものです。

このコラムでも、お彼岸や盆には、ご先祖様に感謝して下さいと申しましたが、実は、盆や彼岸に限った事ではなく、いい事が有る度に、「お陰様」でと感謝の言葉を発して頂ければと思います。

発する方も、聞く方もハッピーになれます。
夏至の夜は、スロー運動でキャンドルナイトを過ごされる方もいるかもしれませんが、「お陰様の心」で、普段の生活に感謝しつつお楽しみください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ