コラム

 公開日: 2013-06-20 

基礎から指南!接客・接遇マナー8≪気になる「身嗜み」の決め方≫

最近、職場から「身嗜みに関する問い合わせ」をよく頂きます。

具体的には、下記のような内容が多いようです。
○白衣の下はネクタイをした方が良いのか、それともポロシャツやジーパンでもいいのか?
○ユニフォームの上着は統一しているが、その下のブラウスはバラバラなので違和感が有る。何かいい方法はないか?
○ユニフォームの着用は義務付けているが、髪型・髪の色・香水・ストッキングの色・貴金属のようなアクセサリーはどのようにしたらいいのか?など。

最近は、色々な職場で、顧客満足に寄与するため、アンケートが実施されており、そのアンケートで指摘されるケースが多いようですね。

お客様の声は真摯に受け止めなければいけない、さりとて自衛隊や警察のように詳細な服装規定を設けている所は少ないのが現状で、どのように対応したら良いか迷うのも当然です。

加えて、自由や個性が尊重されるあまり、「何でも有り」の傾向が強くなったり、クールビズの推奨もありで、ルーズになった気がします。

男性の上司が女性の部下に対して、うかつに言って、セクハラやパワハラに取られても困りますね。

スタッフの身嗜みを、就業規則や社内規定で規制できるか否かはとても難しいと思いますが、やり過ぎ・行きすぎには注意して下さいね。

第一印象、即ち「見た目」はとても大切です。
そして、びっくりするくらいお客様の記憶に残り易いものです。

最初の印象が良いと、リピートの期待が持てますが、悪いと、二度と来てもらえなくなります。

さらに、最初にお客様に接したスタッフの印象は、その組織を代表したイメージになります。つまり、個人より組織全体が問われることになります。
ここをしっかり認識下さいね。

大切ですから繰り返しますが、「身嗜み」とは、その組織が、来られたお客様に対する、もてなしの気持ちを表したもので、お客様に対する敬意そのものだと考えます。
従って、アンケート等で指摘されたら事の重大性を認識下さい。

ただ、マナーは法律ではありません。
違反しても罰則規定はありません。
また、その国の、気候風土、国民性、文化、歴史、宗教により異なるし、また不易流行的側面も有しています。

ではどうするか?
職場サイドで、どのような身だしなみにするか、皆で相談されて、職場独自の基準を設けられる事をお勧めします。

ポイントはすでに何度も申しましたが、「お客様視点に立ち」、それに「清潔感」「機能性」「周囲との調和」等の要素を加味して下さい。

お客様の視点は10人10色ですから、上司も部下も、正社員も非正規社員も、男性も女性も、ヤングもオールドも皆で意見を出し合うことが大切です。
そして、大体10人中、7人から8人が良いと認めればいいですね。

日本には昔から、「馬子にも衣装」と言う諺が有ります。
つまらない者でも、見た目を良くすると立派に見えると言う意味ですが、「初めて会う人を外見で判断するのは仕方ない」「人に会う時は、それなりの身嗜みで接するのが礼儀である」と言う意味です。

マナーは違反しても、罰則規定は有りませんが、人間関係が悪くなり、時として取り返しがつかないようにもなります。身嗜みもしかりです。

但し、見掛け倒しにならないように注意して下さい。
西洋には「修道服を着ただけでは修道者にはなれない」と言う諺が有ります。

衣服に相応しい、態度・表情・立ち居振る舞い・知識・スキルが必要です
今後のコラムでしっかり実力をつけて下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ