コラム

 公開日: 2013-06-18 

マナーうんちく話557≪目指せ!あいさつ日本一≫

降りませんね、雨が・・・。
梅雨時にあまり雨が降らないことを「空梅雨(からつゆ)」と言いますが、今年はどうなっているのでしょうか?
今日ごろから降りそうな気配は有りますが・・・。

ただ、空梅雨は梅雨時期の総雨量で判断されますので、梅雨が完全に開けてみなければわかりません。しかし、このままでは農作物の被害や日常生活の水不足が心配ですね。
そして熱中症にもご注意くださいね。

さて、ご覧になられた方も多いと思いますが、6月11日の山陽新聞朝刊に、県教委が、子どもの規範意識や対話力を高めるために、県内の学校園で「あいさつ日本一」を目指す運動に乗り出した記事が掲載されました。

「表面的な運動になりかねない」「どの学校もすでに取り組んでおり、今さら効果が有るのか」という色々な指摘もあるようですね。

これらの指摘に対して、私は、あいさつに「表面的も内面的」、さらに「今さらも後さら」も無いように思いますので、挨拶する事を前向きに実行していこう!とする取り組みには賛成です。

ただ、日本一になるか否かは別として、岡山県民が、どこでも、誰にでも、挨拶ができるようになれば嬉しいですね。

この取り組みは、教育委員会の取り組みですから、子どもが対象ですが、その前に、大人に実行して頂きたいものです。

大人が、子供の良き鏡になる必要が有ります。
そのためには、先ず、家庭、地域、職場、学校等全ての場所で、挨拶が円滑に行われる必要が有ります。中でも、家庭における挨拶はとても大切です。

なぜなら、家庭は一番身近な空間であり、そこにいる人は一番大切な人だからです。

私は色々な所で、色々な人を対象にした講演や講座を行いますが、いつも参加者に「家庭で挨拶をされていますか」と言う質問をしますが、残念ながら私の感覚では50%に届きません。

殆どの人が「挨拶の重要性」は認識されています。
しかし、認識が有ることと、実行されている事は全く異なります。
ここに、多くの矛盾が生じ、挨拶の必要性が問われる理由が有ります。

ここで、今一度、挨拶をする時のポイントに触れておきます。
参考にして頂ければ嬉しい限りです。

○笑顔で、明るく、元気よく。
○相手の目を見て。即ち視線を大切にして下さい。
○「挨拶は先手必勝」と心得て下さい。つまり、親から子供へ、生徒から教師へ、女性から男性へ、部下から上司へ等の上下関係や年齢や性別に関係なく、先に相手の存在に気が付いた方から挨拶して下さい。

次に、朝の挨拶は、家庭で、地域で、学校で、職場等、全ての場所で実行して下さいね。

元気で、明るい朝の挨拶は、いずれの場所でも「私はあなたに対して好感を抱いております。今日も一日、元気で前向きに頑張りますので、よろしくお願いします」と言う意味です。

前向きの気持ちが表れると共に、謙虚さも感じられますので、人間関係に大変いい効果が期待できます。

さらに、子どもがこのような挨拶ができるようになると、「コミュニケーション能力が向上し」、「好感が持たれるようになり」、「情緒が安定する」効果が期待できます。

加えて、「お里が知れる」と言われるように、子供が、学校や地域でキチンと挨拶が出来れば、親の躾の程や、教養の程度までが解ります。

学校での取り組みも必要ですが、先ずは家庭の挨拶を大切にして下さいね。

今でも躾の基本は、呼ばれたら「ハイ!」と答える、物を頂いたり、お世話になったら「ありがとう」と言う、悪い事をしたら「ごめんなさい」と謝る、ご飯を食べる時には「頂きます」「ご馳走様」の挨拶をすることに有ります。

朝の挨拶に加えて、是非実行して下さい。
さらに「おやすみなさい」「いってまいります」「ただいま」等も徹底できればいいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ