コラム

 公開日: 2013-06-15 

マナーうんちく話556≪一人の父親は百人の校長に勝る≫

「父の日」商戦がたけなわです。
6月16日(日)の「父の日」プレゼントを用意されている人も多いと思います。

日本は四季の美しい国ですが、その四季の年中行事や事物などを纏めた本のことを「歳時記」と言いますが、今や、父の日は歳時記にすっかり溶け込んだ感が有ります。

多種多様な行事が、定着するか否かは、まさに売り上げ次第と言うことで、「父の日」は、クールビズ商戦の追い風を受け、益々盛大になりそうですね。

もともと父の日は、今から百年くらい前にアメリカから伝わった行事で、男手ひとつで育ててくれた父親の墓前に、ジョン・ブルース・ドット夫人が薔薇の花を授けたのが始まりだといわれております。

彼女の父が南北戦争に徴兵されたため、彼女の母は彼女を含む6人の子供を育てるわけですが、度重なる心労が重なり、父親が復員するやいなや亡くなりました。以後、父親は男手ひとつで苦労しながら6人の子どもを育てたわけです。

そんな父親の苦労を見ながら大人になった彼女は、父親が亡くなった後、その父親の誕生日である6月に教会の牧師に礼拝してもらうとともに、母の日と同じように「父の日」もあるべきだと提唱したそうです。

存命中の父に対しては「赤いバラ」を、亡くなっていたら「白いバラ」を贈りますが、日本では「花より団子」でしょうか、グルメ商品・服・名刺入・財布などが人気が高いようですね。

いずれにせよ、心のこもったプレゼントで、日頃家族のために一生懸命働いてくれている父に、感謝の気持ちを表現することはいいことですね。

「子どもの日」、「母の日」、「父の日」、そして「敬老の日」などの記念日に、家族団欒の一時が過ごせることはとても幸せだと感じます。

改めて、豊かな国と、平和になった時代に生まれたことに感謝ですね。

ところで、「一人の父親は百人の校長にまさる」と言う言葉をご存知でしょうか?

一人の先生は学校で、約30人の子供を受け持っているわけですが、いくら熱心に面倒見ても、日常の家庭生活の中で、子どもと接し、その子どもの性格や長所・短所を知り尽くした、父親には勝てないと言う意味です

17世紀に活躍したイギリスの文人ジョージ・ハバードの言葉ですが、要は画一的な学校教育より、「子どものすべてを知り尽くした親に勝る躾や教育はない」と言うことです。

しかし往往にして、日頃仕事で忙しい父親は、子どもと接する機会が乏しいのが現状ですが、そこを、なるべく時間を取り、共有する時間を取ることが大切ですね。

私は学校のキャリア教育にも携わり、就職支援活動にも精を出しましたが、特に「就活」中の子供を持ったお父さんには、子どもの良き相談相手になって欲しいと痛感します。

学生から社会人になる時は、子どもにとっては最も大きな節目で、こんな時こそ、父さんの力は大きいもので、子どもとしっかり向かい合って頂きたいと思います。

そして、子どもが社会人として旅立つようになってあわてるのではなく、日常において、子どもに色々な事、つまり、マナーや世間の事や仕事の事等を教えることがとても大切だと考えます。

学校で習うことは限りが有ります。そのフォローは、いつの時代にも、親が家庭で担うべきですが、最近、親の躾け力が低下してきているようですね。

そこで、子育てや孫育てに携わっている、父母と祖父母、さらには教育や食育に携わっている人を対象にした、《躾に役立つマナー講座》を用意いたしました。

7月14日(日)10時より14時まで、「マナーの基礎知識・社会生活のマナー・人間関係のマナー・生活習慣のマナー・食事のマナー」等を、テーブルマナーと共に、倉敷市の倉敷国際ホテル「桜花の間」で開催します。

参加料は、セミナー・食事・税金サービス料込で6500円です。
一人だけでも結構ですが夫婦お揃いでの参加も歓迎です。
少し遅れますが、このような「父の日プレゼント」も良いですね。

お申込み、お問い合わせは090-4573-1062(平松)までどうぞ。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1429《「弊社」と「当社」、好感をもたれるのはどちら?》

和風月名では3月は「弥生」ですが、他にも「雛月」「桃見月」「花見月」そして「夢見月」があります。いずれ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1428《ファックスを送信した。この時確認の電話は?》

春の陽気に誘われ虫達が地上に出て活動する時で万物が躍動する時です。姿勢を正し、心機一転希望のスタートを切...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちくばなし1427《お彼岸にはなぜお墓参りをするの?》

梅がそろそろ見納めになりましたが、桜はまだ早い。こんな時に目を楽しませてくれるのが桃です。気温が上昇...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ