コラム

 公開日: 2013-06-13 

マナーうんちく話555≪「お裾分け」と「お福分け」≫

先日、梅酒用の青梅を沢山いただきましたが、量が多かったので、またその一部をご近所にお配りしました。

「飽食の国」日本では、多種多様な果物や野菜が年中市場に出回っていますが、梅は今の時期だけで、旬を実感させてくれる数少ない農作物です。

そして、梅から作る梅酒は、焼酎等に漬け込んで作るアルコール飲料ですが、家庭でも気軽に出来るので、古くから健康飲料として親しまれていますね。

ところで、頂き物をした時、それが貴重な物であったり、食べきれない場合に、他人に差し上げる事が有ると思いますが、その際、どのような言葉を使用されますか?

「お裾分け」と言う言葉を使用される方が多いと思いますが、如何でしょうか?

他人から頂いた物の一部を、また他の人に差し上げる事を、「裾わけ」と言いますが、「お裾分け」とは、「裾わけ」を丁寧に表現した言葉です。

そして「裾」とは、膝から下と言う意味ですが、服の下の部分を指す場合が多いですね。

すなわち、裾とは末端の部分で、主要な部分ではないと言うことです。
早い話し、裾とは「つまらないもの」だと言うことです。

従って、「お裾分けです」と言うことは、「つまらないものです」と言う意味になりそうですね。

勿論、本当につまらないものではなく、そこには、日本人独特の謙虚な気持ちが込められている気がします。

しかし、このような謙虚な気持ちも、差し上げる方も、頂く方も、互いに共通認識できていればいいですが、頂く側が、直訳して、「裾=つまらない物」と解釈したら、事は複雑です。

実際に、「つまらない物」という本来の意味を理解されている方は、意外に低いのが現状です。

ちなみに「つまらない物」の本来の意味は、「マナーうんちく話446《つまらない物の真意とは?》」を参考にして下さい。

そこで私は、「お裾分け」という言葉より、「お福分け」と言う言葉を使用しています。

昔から、「初物(旬の物)は、寿命を75日延ばす」と言われており、旬の梅は、まさに寿命を延ばす「福」を頂いたことになるので、その一部を差し上げるわけですから、「お福分け」となるわけです。

「お福分け」という表現の方が、なんだかワクワクして気分が良くなる気がしませんか?
頂かれた方も、縁起が良いと言って大変喜んで下さると思います。

このコラムでも、すでに何度もお話ししましたが、五穀豊穣や健康を神様に祈願する際に、野菜等をお供えして神事を執り行いますが、神事が終われば、そのお供え物を下げ、祭主や神事に参加した人が、それを頂くわけですが、「福」と言う意味は、まさに、このことを意味するそうです。

だから、「福を授かる」とか、「福の神」などと表現しますね。
従って、「お裾分け」と言う言葉も謙虚さが感じられていいと思いますが、「お福分け」は、さらに響きが良くなり、気持ちまでハッピーになれます
特に、目上の人や、年長者には受けますよ。

日本語は、世界屈指の美しい言葉だと言われておりますが、実に不思議な力が有ります。時には人を不愉快にしたり傷つけたり、あるいは、喜びや勇気や希望の原動力になったりするので、慎重に選びたいものです。

今でも滅多に見られなくなりましたが、長寿や結婚式などのお祝いをする時には、お盆に品物を載せ、袱紗を掛けて渡しますが、頂いた側は、そのお盆に、懐紙や半紙を載せてお返しします。

これを「お移り」と言いますが、「お目出度が移りますように」との意味です。
「お福分け」も「お移り」も、幸せの気持ちのやり取りです。
宅配便利用が増えた現代だからこそ、このようなやりとりは嬉しいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ