コラム

 公開日: 2013-06-12 

基礎から指南!接客・接遇マナー4≪「マニュアル型対応」と「臨機応変型対応」の華麗なる融合≫

接客・接遇の要になる人的サービスには、「マニュアル」で統一されたものと、お客様やその場の状況により「臨機応変に対応」するスタイルが有ります。

「マニュアル型の接客」とは、ある程度決められた言葉を発したり、行動をして、お客様と接するサービスです。例えば「いらっしゃいませ、ありがとうございました。またお越し下さい」等の挨拶用語、「お辞儀のスタイル」「お金の受け渡し」などです。

これなら、誰が接客しても均一に出来るというメリットが有り、全くの初心者でも難なくできます。

しかし、コンビニ等で「ありがとうございました。またお越しください」と言われて、また行きたいな!と思われた事が有りますか?

私もコンビニはよく利用しますが、このように言われて、再度行きたいと感じたことはあまり有りません。
理由は、いい方が事務的で、こちらを向いて言われないからです。

また、行きつけの繁盛しているパン屋のレジカウンターで、毎回同じ事を言われる内容がとても気になっています。

パンを袋に詰めて頂く時に、レジ係りの人に「お持ち帰りですか?」と問われますが、意味がよく理解できません。購入したパンを店内で食べる場所が有れば別ですが、どうみても持ち帰り専用のように思います。

この場合は、「お持ち帰りですか」の言葉より、数の確認の方が適切だと思うのですが・・・。

レジ係りの人は恐らくアルバイトの学生で、いつも大勢いますが、誰も愛想が良くて、丁寧で、親切で、とても好感が持てます。しかし、この言い方は気になるところです。マニュアル対応の典型的な例だと思いますが、マニュアルが良ければいいですが、不具合が有れば大変なことになりかねません。

これに対し、接客係がその場の状況や客層などに応じて、自分の経験やスキルに基づいて対応する接客スタイルが「臨機応変型」です。

このスタイルは、それぞれのお客様に相応しい接客で、お客様の満足度は高いメリットが有る半面、接客係に、それなりの経験や知識が要求され、誰でも簡単にはできません。

また、接客係の採用にそれなりの採用基準を設けたり、教育や経費も必要になるので、負担も大きいのが現状です。加えて、担当者により対応がまばらになるので、サービスの均一化は困難になります。

従って、やりたくてもやれないので、不本意ながら「マニュアル型」にせざるを得ないと言うケースも多々あります。

しかし、これに甘んじておれば、顧客満足は得られず、競合にも勝てそうにありません。

それでは、どうすれば多くのお客様に満足を与え、競合が優位に展開するか?と言うことになります。

私の専門は、「接客・接遇マナー」もそうですが、「テーブルマナー」も得意分野の一つです。

そして、テーブルマナーのお話をする時には、出来る限り「和食のテーブルマナー」と「洋食のテーブルマナー」の両方するようにしています。

なぜなら、「和食」と「洋食」、それぞれ利点が有るから、出来れば両方の利点を取ろうと言う考えです。

「接客・接遇サービス」もしかりです。
「マニュアル型サービス」と「臨機応変方型サービス」の両方の利点を採用し、業種や客層にマッチした「独自のサービススタイル」こそ、これからの時代に必要な接客・接遇スタイルだと考えます。

このスタイルは差別化を図るにはもってこいだと思いますが、それなりの知識やスキルが要求されます。今後とも、このコラムを参考にして下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

80

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ