コラム

 公開日: 2013-06-07 

マナーうんちく話552≪配膳とテーブルマナー≫

「一輪ほどの暖かさ」と言われ、百花に先だって春を告げた梅の実が熟す頃になり、最盛期を迎えております。

まだ青い実を、生のまま食べない方が良いとされる梅ですが、熟した梅の味はまた格別の旨さです。もっとも最近では食べ物が多すぎて、梅の実をかじる人も少ないと思いますが、少し寂しい気がします。

さて、前回、米は日本文化の形成に大変重要な役割を果たしてきたというお話をいたしましましたが、今回は食べ方に触れてみます。

先ず、日本の米の食べ方はとてもユニークです。
西洋料理では、米は野菜の一種として扱い、蒸したり炒めたりして、ピラフやリソットやバターライス等にして食しますが、日本は主食として食べますね。

だから、米は国の経済を左右する程、大切な食料で有ったわけです。
以前お話ししましたが、収穫した米を搗いて白米にし、これを洗って、すなわち米を研いで、炊飯して食べるわけですが、この食べ方は元禄時代に確立されたと言われております。

そうして炊きあがった米は、透き通ったような白さになり、美味しいご飯となるわけで、これに魚料理や野菜料理、そしてみそ汁と漬物が付き、日本の伝統的な食事のスタイルになり、ヘルシー食として脚光を浴びているのはご承知の通りです。

さらに、和食の食べ方には、「もてなしの心」が生きています。
配膳の仕方ですが、基本は箸と箸置きが一番前に位置し、その前に、食べやすいように、ご飯と汁ものが来ます。
この場合、ご飯茶わんが左で、汁椀が右になります。

ご飯が左に来るのは、昔から日本では左上位だったからです。
つまり、米は大変貴重品ですから、汁物より、上位に位置するわけです。

後は、おかずの内容や使用する器によりますが、持てる器は手で持って食べるのが和食のマナーです。

従って、手で持って食べる小鉢などは、箸を右手で持ちますから、左側に置けばいいでしょう。手でもてない器、つまり、てんぷらや焼き魚などは、右に置くと言うことになります。

さらに箸は、箸先を左に向けます。
明るい方、つまり南に向いて座ると、左が東になるからです。
昔の人は、太陽の方向に箸先を向けることで、太陽のエネルギーを吸収しようと考えたようですね。

ところで皆さんは、ファミリーレストラン等で食事をする際、例えば「ハンバーグステーキセット」を注文した時、「ライスにしますか?パンにしますか?」と聞かれたら、どちらを選びますか?

ある調査では、圧倒的にご飯を選ぶ人が多いそうで、この傾向は30年間ほとんど変化が無いそうです。

と、いうことは、米の消費量はかなり減少していますが、この調査結果から考えられることは、日本人が米を嫌いになったのではなく、米を研いで炊くのが面倒くさくて、手軽なパンにしているのではないということになりそうですが、如何でしょうか。

「テーブルマナー」は、食べると言う行為に、心の美しさを加味したものです。
つまり、食べるという動物の本能を、文化や思いやりの心や教養を加味して、「食べる」ことから「食事」に替えた、素晴らしい人間のなせる業です。

個々の自由な食べ方も良いでしょうが、自分の思い通りにはいかない、同時に他者を意識しないといけない、堅苦しさや不自由さも、今の日本の食卓には必要だと痛感します。

身だしなみを整え、姿勢を正し、感謝の心で持って、箸やフォーク・ナイフ・スプン等を正しく扱い、それでいて、楽しいコミュニケーションをも同時に味わう食事こそ、「飽食の国」日本には必要ではないでしょうか?

大人がその重要性を認識し、子に良き見本を示し、正しく伝授して頂きたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ