コラム

 公開日: 2013-06-05 

マナーうんちく話551≪田植と規律とマナー」≫

梅雨に入ったのに、高温で晴天の日が続いております。
まだ、身体が暑さに慣れてないので、くれぐれもご自愛くださいね。

ところで、暑くなるとカレーが恋しくなりますが、カレーの付け合わせになくてはならないものといえば、福神漬けにラッキョウではないでしょうか?

只今、ラッキョウが旬を迎えております。最近は野菜の旬がはっきりしませんが、ラッキョウは梅と共に、この時期にしか出回りませんので、旬を実感させてくれる数少ない野菜ですね。

そして、6月5日は二十四節季の一つ「芒種(ぼうしゅ)」です。
すなわち、稲等の穂が有る食物の種をまく頃と言う意味です。

今年も、田植えのシーズンがやって来たということですね。
皆さんの方の地域では、田植えは如何でしょうか?

最近は米作りもすっかり機械化され、束ねた苗を手で植えているシーンが見なれなくなりましたが、30年位前は、家族や親族総動員で、早朝から日暮れまで、足元の悪い水田で、身体を折り曲げて、すべて手作業で行われていました。

だから、米のありがたみが身に沁みて理解できるわけです。
それが、1980年から1990年頃にかけて、田植え機の性能が良くなり、効率的な仕事が可能になり、米作りが大変楽になりました。

田植えの時期は、地域により多少異なりますが、遅かれ早かれもう一月もすれば、日本中の水田には、青々とした稲の苗が風にそよぐことになります。
まさに「瑞穂の国」の原風景ですね。

日本は元々、海に囲まれ、南北に細長く、四季が明確に分かれている国で、太古より、稲作を中心にした、農耕文化を築いてきました

自然を細かく観察し、自然界の恵みを上手く吸収すると共に、自然界の脅威から色々な事を学び、共生していく知恵を身に付けたわけですね。

だから、「五節句」を始め、「二十四節季」や「七十二候」を定め、それを暮らしの節目とすると共に、後世にキチンと伝えてきたわけで、コンピュゥター万能の現代でさえ、日常生活の様々なシーンで生き続けています。

また、田んぼは、水の管理が大変で、皆がバラバラでは運営できません。
だから、米作りから、「和する」事を学び、「しきたり」や「規律」を作りました。日本人が規律正しいのはまさにここに理由が有りますね。

しかし、最近、職場や学校で規律が低下したり、乱れて、由々しき問題が浮上しています。

学校で規律が乱れたり低下すると、遅刻が多発し、クラスが崩壊したり、いじめが起こったりする原因になります。

職場では、モチベーションが低下したり、ハラスメントが起きたり、上司の命令を聞かなかったりすることになりかねません。

いずれも、その原因は、ルールやマナーを知らない点にあると考えます。
教える側や指導的立場にある人の力不足もあるでしょう。

生徒や若い社員に、規律の大切さをしっかり教えることが大切です。
さらに共通の目標を明確にすることも大切です。

目標が定まれば規律が生まれます。
但し、規律は自然発生的ではありません。意識的に作るものです。
そして、規律は信頼関係から生まれます。
すなわち、良好な人間関係が何より大切だと言うことです。

良好な人間関係を築く上で潤滑油になるのがマナーですが、日本人は田植えを通じ、この事を世界でもいち早く身に付けたのではないでしょうか。

目的意識を明確にして、規律を導入すれば、田植えの終わった田んぼのように、組織は生き生きとした集団になります。そしてその中で個性が磨かれていくわけです。

芒種の日は、家庭や地域や職場の規律が保たれているか否かを、改めて見直してみるのもお勧めですが、善くないようでしたら、マナーの大切さに着目して下さい。

今回は、規律とマナーの関係についてのお話しでした。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ