コラム

 公開日: 2013-06-01 

マナーうんちく話549≪ジューンブライドと衣替え≫

今日から6月ですね。
「もう6月か」と考えるか、「まだ6月か」と捉えるかは、人それぞれですが、いずれにせよ、緑のそよ風から、生暖かい風に変わる時期です。

6月は英語では「June」ですが、これは古代ローマにおいて、ローマ神話に登場するJupiterの正妻で、結婚と出産を司り、女性と家庭を守る女神である「Juno」を6月に祀ったからだといわれています。

各国には、結婚に関するジンクスが多々ありますが、ヨーロッパから伝わった「6月の花嫁は幸せになれると言う《June Bride》伝説」は、「幸せ婚」の代名詞みたいなものですね。

ただ、ヨーロッパと日本では気候風土がかなり異なるので、このジンクスを日本でそのまま受け入れるのは、無理が有るような気がします。

ヨーロッパでは、3月から5月にかけて農作業が多忙期を迎え、そんな頃の結婚はあまり歓迎されません。

しかし、農作業も6月になればひと段落つき、その上雨が少なくなり、比較的晴天が続くので、結婚式や各種イベントにはもってこいの季節になり、ここで結婚式を挙げれば、みんな喜んで参加してくれるわけですね。

ちなみに、日本は全く逆です。
6月になれば、田植えが始まり、農家にとっては一年で稲刈り時と同じ位多忙期になります。

しかも、梅雨に入り、ジメジメ、蒸し蒸ししてきます。
披露宴に招待されても、雨が降れば、お洒落が大変気になります。

やはり、日本では、春と秋が最高ですね。
その前に、若者が結婚に前向きになって欲しいものです。

ところで、日本では6月の事を「水無月(みなつき)」と言いますが、これは「田植えをして、苗が田んぼにしっかり根付く《みな着く》」と言う説と、「田植えが終わり、農作業が《みな尽きる》」という説が有りますが、いずれも農事に関わりが深いようです。

そして6月は「衣替え」です。
気候によって、服装を変えるのは、四季が美しくて、明確に分かれている日本ならではの風習です。

平安貴族からの伝統で、現在では6月と10月の年に2回に分かれていますが、武家の世界では非常に厳格な決まりが有りました。

その名残でしょうか、今でも着物の世界では、6月と9月は単衣(ひとえ)、8月は絽(ろ)、10月以降は袷(あわせ)と言われる決まり事が存在します。

つまり、単衣は6月にならなくては、どんなに気温が上がろうとも着てはなりません。また、袷はどんなに寒くなろうとも10月になるまでは着ることができません。

この決め事は、殆ど絶対的で破ると恥をかいたものです。
このように、先人は、衣替えにより季節感をしっかり味わい規律を保ったのでしょうね。

今では、衣生活やファッションも多様になり、普段の服装には決まりが有りません。気温や湿度にマッチさせ、臨機応変に組み合わせる方が合理的に思えるかもしれません。

しかし、千年も語り伝えられてきた「衣替え」と言う日本独特の美しい言葉はいつまでも残しておきたいと考えます。

衣替えは、日本人が自然に逆らわず、自然と真摯に向き合って生活してきたあかしで、今で言う「省エネ」の本質をなしていると思います。

さらに、「今日から夏になり暑さが増してくるけど元気で頑張るぞ!」という前向きの気持ちの表れでもあり、必要な衣服と不必要になった衣服を整理する日でもあり、四季の移り変わりを感じ取る日でもあります。

今日からスタートした「超クールビズ」と言う言葉により、「衣替え」の本来の意味が薄くならなければいいのですが・・・。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ