コラム

 公開日: 2013-05-29 

マナーうんちく話547≪昼行燈(ひるあんどん)とマナー≫

この時期、畑に出ると天道虫によく出会います。
夜空を神秘的に照らすホタルと共に、今が旬の虫ですが、天道虫と言えば、結婚式の披露宴でよく歌われる「てんとう虫のサンバ」が有名ですね。

日本人にはとても親しまれている身近な昆虫で、畑や公園や花壇のどこにでもいますが、その種類は多く、国内には160から170種いるとされています。

名前の由来は、赤い甲羅に黒い斑点が有るから、太陽(お天道様)の黒点に見立てて付けられたと言う説と、高い所から太陽(お天道様)に向かって飛んで行くからだと言う説が有ります。

また、てんとう虫は鳥などに襲われた時に、黄色の苦い汁を出して逃げることが知られています。

不機嫌な時や不愉快な時の表情を「苦虫をかみつぶした顔」と表現しますが、この「苦虫」とは、噛んだら大変苦い味がする虫の事を意味し、特定の虫ではないようですが、意外にてんとう虫がサンプルになっているかもしれませんね。

愛らしい色や姿や形により、多くの人に親しまれ、童謡や結婚式の披露宴でも歌われているてんとう虫ですが、実はそのイメージとは異なり、作物を食い荒らす敵でもあります。

ところで、今でも和風のレストランや旅館等で、和の雰囲気を醸し出す小道具として見かけますが、「行燈(あんどん)」をご存知でしょうか?

行燈は江戸時代に普及した照明器具の一種で、室内に置いたり掛けたり、あるいは持ち運ぶための様々な種類が有ります。

今の電球の役目をするものですが、電球とは比較にならない程、照度は低いですが、当時は夜の照明には必要不可欠だったわけです。

ちなみに、この行燈を、持ち運び専用に改良した照明器具が、提灯(ちょうちん)だと言われています。

さて、今回のテーマですが、「昼行燈」と言う言葉をご存知でしょうか?
行燈は照明器具ですから、夜の暗い時にこそ、その価値を発揮できる物で、明るい昼間は不要物です。

従って、昼行燈とは、いてもいなくても関係ない人、つまり、役に立たない人の事を意味します。

しかし、実は、この昼行燈的な人は大物であり、いざという時には、大変優れた働きをするわけです。

「能ある鷹は爪を隠す」と言われますが、普段は実力があることは決して表面には出さず、どちらかと言うと無能者面をし、いざという時に豹変し、偉大な働きをする人です。
愛らしい姿をして、作物を食い荒らすてんとう虫とは全く逆ですね。

テレビや小説に登場する代表的な昼行燈的キャラクターは、忠臣蔵の大石内蔵助、必殺仕置人の中村主水、特命係長の只野仁等が有名です。

いずれも日本人には大人気ですが、その理由は、ほかならぬ、彼らが昼行燈的存在だからでしょうね。

人間誰しも、自分の事はよく見てもらいたいものです。
自慢話しも、しっかり聞いてもらいたいものです。

そこをあえて、自分の自慢話はさて置き、人の自慢話を聞いて上げることのできる人は、マナーに長けた人だと思います。

昼行燈的な人は究極のマナー美人かもしれませんね。

次回は「夜明けの行燈」のお話を予定しております。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ