コラム

 公開日: 2013-05-25 

マナーうんちく話545≪箸使いに自信ありますか?①≫

子どもと食事をする時、あらたまった席での食事の時、デートや上司との食事の時、箸使いに自信が有りますか?

それでは、箸と器。
先に持つのはどちらでしょうか?

箸使いに自信を持っている人は、決して多くはないようです。
また、箸と器の持ち方・扱い方については、意外に間違った認識をされている方が多いのが現状だと感じます。

さらに、日本の箸には、非常に長い歴史を持つ豊かな精神文化が存在するわけですが、日本人でありながら、「箸に関する精神文化」を理解されている方は、非常に少ないのが現状です。

「生きることは食べる事!」です。
その食べ方には、世界で大きく分類して3通りありますが、日本は世界で唯一箸のみで食す国で、独特の精神文化を育んできました。
しかし、それが正しく認識されていないのはとても残念なことだと痛感します。

理由は、親が家庭で子どもに正しく教えない、もしくは教えられないからでしょう。学校でもしかりです。

国民が生涯にわたって、健全な心身を培い、豊かな人間性を育む事が出来るよう、食育を総合的かつ計画的に推進する事を目的として、平成17年7月に食育基本法が施行されました。

しかし、食育の分野でも、箸に限らず、和食の有するたいへん豊かな精神文化については、あまり触れられてないような気がします。

日本では、箸はもともと神様・仏様にお供えをするときに、使用され始めたのが起源だとされています。

従って、ことのほか美意識や礼儀・作法に重きが置かれ、IT万能の今でも、他人や自分の箸使いが気になります。

そこで、今までお話ししてきたことと重複する点もありますが、2回に渡り、箸に関する様々な「精神文化」と「品の良い礼儀・作法」をお伝えします。

●世界3大食法のひとつとしての箸食
 世界には「手食」「フォーク・ナイフ・スプン食」「箸食」の3大食法があり、そのうち箸食は3分の1です。
中国、朝鮮半島、台湾、東南アジアの一部と日本がそうですが、中でも日本は唯一箸だけで食べる独特の文化を築いております。

●箸の歴史
日本の食文化と箸は切っても切れない関係が有りますが、それは古来より、箸
は神様のより代、つまり神様を祀る祭器とされてきたためです。

つまり、農作物、特に五穀豊穣や家内安全、さらに子孫繁栄などを神様に祈念
する際に使用されたわけで、まさに、箸は神様と人との「橋渡し」的存在であったわけです。

だから、フォーク・ナイフ・スプン食や手食に比較して、より厳しい作法や格
式が定められているわけです。

ちなみに、日本で初めて、正式な食事会で箸を使用したのは聖徳太子だとされています。
また、庶民が今のように日本の箸で食すようになったのは、奈良時代の頃だとされていますが、詳しい事は解っておりません。
次回に続きます。










この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ