コラム

 公開日: 2013-05-23 

マナーうんちく話544≪薔薇で攻めるか、それとも恋文か?≫

南北に細長い日本では四季を通じ、様々な花を愛でることができます。
このコラムでも、「梅」「万作」「桃」「桜」「牡丹」「芍薬」「卯の花」などが登場しましたが、どちらかと言えば、これらの花は、日本人に愛された花です。

日本は、「華道」と言う独特の文化を持った国ですから、花に対する愛着は非常に強いものが有るようですが、花を愛でる習慣は世界中に存在します。

そして、世界を視野に入れた場合、世界中で最も多くの人に愛された花と言えば薔薇ではないでしょうか?

薔薇は、世界中に古くからある花だけあって、大変多くの伝説を持っています。

日本にも多くの愛効家が存在し、また素晴らしいバラ園が有りますが、その薔薇が持つエピソードや歴史に思いをはせ、花の持つ独特の美しさや、香りをお楽しみください。
ちなみに、一輪のバラには実に数百種類の香りが有るそうで、エジプトのクレヲパトラが、宮殿に薔薇を敷きつめたり、バラ風呂を好み、こよなく香りを楽しんだ話は有名ですね。

そして、薔薇と言えば、加藤登紀子さんが歌って大ヒットした「百万本のバラの花」があります。
マイベストプロがご縁で、福山で「職業講話」を担当しており、山陽本線で福山に行く機会が度々有りますが、福山市の市花は「薔薇」ですので、列車が入線する時に「100万本のバラの花」の曲が流れることが有ります。

ある貧しい絵描きが、ロケでやって来た美しい女優に恋をしました。
そして彼は、投げ出しのお金をはたいて、町中の花屋から薔薇を買い込み、彼女が宿泊しているホテルの前の広場を、薔薇の花で埋めつくしました。

しかし、その女優は薔薇を見て、どこかの金持ちがふざけて行ったことだと思い、再び別の町に旅立ったわけです。
出会いはそれで終わりです。

この物語に対する感じ方は色々あると思います。
「せつなくて実らなかった恋だけど非常に格好いい」と取るか、「何故そんなに回りくどい方法を取るの?ラブレターでも書けばよかったのに」と思う人もいるでしょう。

そこで質問です。
5月23日は何の日かご存知でしょうか?

往往にして、「今日は何の日?」と言えば「語呂合わせ」がヒントになっているケースが多いですが、実は「コイブミ」すなわち「恋文」の日であります。

恋文とは、「恋しく思う気持ちをつづった手紙」、横文字に直すと「ラブレター」
です。
もともと日本では、思いを伝える手段としては、男性から女性に花を差し出す習慣はなく、もっぱら上流階級でも恋文が主流だったようです。
万葉集にも恋の歌は一杯ありますね。

好きになった人に、思いを伝えるのは薔薇を贈ったり、恋文を書いたり、メールを送信したり等色々と有りますが、恋をするということは、古今東西、そして老若男女にかかわらず実にすばらしいと感じます。

恐らく殆どの人が、今までで一番優しくなれる時であり、思いやりの心が表れる瞬間ではないでしょうか?

「昔から恋は盲目」と言われますが、人に恋すると自分を見失うこともあります。
しかし、長い人生、すべて杓子定規に生きるより、自分を見失う位に夢中になれる瞬間は、一番幸せな時だと思います。
そして、恋をすることにより感性が磨かれます。

初恋の人、淡い恋の人、穏やかな恋の人、老い楽の恋の人、それに燃えるような恋をしている人、いずれにせよ人に恋をしたり、愛されたりすることにより、人生はハッピーに輝くと思います。

長い人生で、ドキドキ、ハラハラ、ワクワク過ごせる時期があったら、それがたとえ失恋に終わっても、最も意義あるものだと考えます。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

43

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ