コラム

 公開日: 2013-05-15 

マナーうんちく話540≪なぜ「松竹梅」なの?≫

空はどこまでも晴れ渡り、緑のそよ風が吹き、明るい日差しに緑が映え、小鳥がさえずる。
日本の象徴的な初夏の原風景ですね。

いつのまにか天気予報の時間から、「花粉情報」が無くなり、代わって「紫外線情報」が登場していました。

晩春から初夏に移行する時期、気温は低くとも紫外線が増えて来る頃で、対策に苦慮している人も多いと思います。
ちなみに、紫外線は、5月から7月にかけて一番多く降り注ぐそうです。

そしてこの時期になると、日本原産の真竹(マダケ)が旬を迎えます。
香ばしい土の香りや、噛んだ時のシャキシャキ感はまさに初夏の代表的な味わいですね。

ところで、竹の子は食べ物としては、好き嫌いが有りますが、昔から日本では、お目出度いものとして、お祝い事の引き出物や席次の名前にされるのが「松竹梅」です。

今はそうでもなくなりましたが、一昔前の結婚披露宴などのおめでたい席の名前には、必ずと言っていいほど「松竹梅」が登場していました。

また、品物を3つに分類した時の等級などの呼称にもなっています。
今回は、「竹の旬」にちなんで、その由来について触れてみます。

「松竹梅」はもともと中国で、寒い時期にも松と竹は緑を耐やすことなく、また梅は花を咲かすので、「歳寒三友(さいかんさんゆう)」と呼ばれており、目出度い意味は有りませんでした。

それが日本では、松は一年を通じ、緑を保っているので不老長寿のシンボルとして、加えて神が宿る木として平安の時代から重宝されていました。
緑を耐えさないのは、神様が宿っていると考えたのでしょうね。

竹は常に緑を耐えさないと言うことに加え、まっすぐ上に伸び、しかもしなりが有るので雪にも強く、加えて破竹の勢いと言われるほど成長が著しいので、室町の頃より縁起が良い食物とされたわけです。

梅は厳寒の中、百花に先駆けて花を咲かすので、松竹に引き続き江戸時代になってからお目出度いモノの象徴とされていたようです。

こうして、松竹梅は縁起物として重宝されていましたが、やがて品物の等級を表現する際にも好んで使用されるようになりました。

寿司屋などで「上」「中」「下」、あるいは、「特上」、「上」「並」とすれば、「注文する方も、「特上」を注文すれば何だか自慢げになるし、「並」にすると卑下するようになるので、「松竹梅」とした方が、客としては注文しやすくなるということです。

語呂がいいのも大きな理由のようです。
実際に「特上」と言うより「松」、「並」と言うより「梅」と言った方が、品良く聞こえますから不思議ですね。

さらにユニークな理由が有ります。
高級料理店では、料理は客の注文を受けてから取りかかるケースが多く、客も結構待たされます。
美味い料理をたべようとすれば、それなりに待つ覚悟が必要です。

待った分だけ、美味しくなります。
つまり「待った(松)」、「だけ(竹)」、「うめー(梅)」となるわけです。
頷けますね。

勿論、松と竹と梅には何ら上下関係は有りませんが、今度、鰻や寿司を食べに行かれたら、是非参考にして下さいね。

それにしても、年中、緑を耐やすことなく、「神を待つ木」として、古来より全ての日本人に縁起を担がれた松が、大気汚染や放射能汚染等により、枯れてしまうような罰当たりな事だけは、避けなくてはいけませんね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ