コラム

 公開日: 2013-05-11 

マナーうんちく話538≪母の日のプレゼントは「良夫賢父」≫

最近の景気回復ムードを受けて、「母の日」商戦が例年より、かなり活況を浴びていたような気がします。

家族が互いに協力し合い、精一杯のプレゼントをして、日頃の感謝の気持ちを母に伝えるのは、微笑ましくて良いものですね。

日本の礼儀作法は儒教の影響を受けているせいか、男尊女卑的な部分もあり、加えて家制度のもと、女性や母親が優遇されることは殆どなかっただけに、アメリカから入って来た「母の日」のイベントは今後も大切にしたいですね。

そして、古今東西、母の存在は子どもにとって普遍的です。
「女は弱し、されど母は強し。」はフランスの詩人・小説家のユゴーの言葉です。

たとえ弱い女性でも、結婚して子供を産んで母親になると、責任を持って子どもを正しく躾けると言う意味です。

また中国には、子どもの躾の大切さを説いた「慈母(じぼ)に敗子(はいし)あり。」と言う言葉が存在します。

さらに「子どもの運命はその母親に委ねられる。」とナポレオンは言っています。
子どもにとって、その母親の躾や教育の仕方が非常に大切ですよ!と説いているわけですね。

また日本では、「子は親の背中を見て育つ。」と昔から言われております。

要は、世界中の国の子どもは、母親の姿を真似て育つと言うことですね。
母の表情や態度、母の発する言葉、母の立ち居・振る舞い等を見て育つから、母親が子どもに与える影響が、いかに大きいかがよく解ります。

このコラムでも何度も触れましたが、「お里が知れる」と言う言葉が有ります。
母がしっかりしていれば子もしっかりするが、母がだらしなければ子もだらしないと言う意味です。

非常に耳が痛い言葉のようですが、私は個人的にはこの言葉は的確に的を射ていると思います。

そして、母は子どもに、人間として「いかにより善く生きて行くか?」と言う事を、家庭で具体的に教えることが大切だと思っています。

「より善く」育てると言うことは、「健康に育てること」と「思いやりのある子に育てること」だと考えます。
そのためには、「賢い食卓」を醸し出す事も必要ですし、素敵なマナーを発揮することも大切ではないでしょうか?

戦前の話ですが、日本には「良妻賢母教育」と言われるものが有りました。
良妻賢母とは早い話し、夫に対して「良き妻」であり、子どもに対しては「賢い母」であると言う意味ですが、日本の女子教育の中心的理念の一つとされたわけです。

現在では、「男女共同参画社会」ですから、甚だ理不尽な事だと思われるかもしれませんが、私は見習うべき点は多々あると思っています。

ただ、夫に対して良き妻の姿は10人10色です。
従って、良妻像は個々の夫婦で話し合えばいいと思いますが、少なくとも子に対して賢い母であることは、非常に大切だと考えます。

5月12日は「母の日」です。
日頃の母の苦労を労り、感謝の気持ちを表す日です。
色々とプレゼントを贈るのも良いでしょうが、三島由紀夫のこんな言葉は如何でしょうか?
「母親に母の日を忘れさすこと、これ親孝行の最たるものといえようか。」

過度なコマーシャルに左右されて、一年に一度の母の日に浮かれるのではなく、常日頃から感謝の気持ちで接することが大切だと思うわけです。

そこで、戦前の「良妻賢母」に対して、平成の「良夫賢父」を目指すのもお勧めです。

家庭で「良妻賢母」と「良夫賢父」が存在すれば、いじめ問題を始め多くの深刻な問題は解決できるはずです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1623《今流の男の礼儀作法⑥「グローバル時代のマナーとは?」》

江戸時代の武士も町人も庶民も礼儀作法に重きを置いたのは、次第に物が豊かになるにつれ、良好な人間関係を築く必...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ