コラム

 公開日: 2010-09-17  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話6≪遠慮とマナー≫


平松幹夫のマナーうんちく話⑥《遠慮とマナー》


①他家を訪問して「お茶でもいかが?」と言われました。
あなたはどのように答えますか?

②他家を訪問してお茶とお菓子が出されました。
あなたはどうしますか?

③他家を訪問して和室に通され「膝を崩してお楽にして下さい」と言われました。
あなたはどうしますか?

日本には前回のコラムで触れました「奥ゆかしい」という文化が存在します。それと共に他者を気遣う「察しの文化」、体裁を気にする「恥の文化」、気持ちだけで結構ですという「遠慮の文化」が今も残っております。
これらは日本独特の文化で美徳とされてきましたが、反面世界には通用しない文化でもあります。マナーと同様TPOに応じて正しい判断基準を身につけることが必要だと思います。

今回は日常生活においてなにかと気になる「遠慮」について触れてみたいと思います。

本当はそうしたいのに、言えない、言わない。
お茶が欲しいのに素直に欲しいと、言えない、言わない。
しびれが気になり、膝を崩しリラックスしたいのに、無理して我慢している。
こんな経験ありませんか?

以前このコラム欄で、マナーとは「他者に不快感を与えず、好感を与えること」と説明しましたが、その視点からいくと、{相手が折角すすめてくれたのにそれに素直に従わなかったら相手は不快になります}。また{相手がすすめてくれたことに素直に甘えたら相手は気持ち良くなります}。この「気持ち良くさせる」のが非常に大切なことです。

すなわちマナーは不必要に遠慮することではなく、遠慮しないで相手の気持ちを素直に受け入れることが大切です。それでは①②③の模範例を解説していきます。

①のケース。
本当に飲み物が飲めない状態だったらその理由をきちんと説明して丁寧にお断りします。頭ごなしに「お構いなく」は感心しません。
自分が頂きたいと思ったら「ありがとうございます。喜んでいただきます」と答えていただければ嬉しいですね。「何にしましょう」と聞かれたら「日本茶」とか「紅茶」とか好きなものをリクエストして下さい。聴く側は、「日本茶・紅茶・コーヒー」何がお好みですかと、具体的に聞いてあげたらなおいいですね。

ここで飲み物をいただくということは、単に喉を潤すばかりでなく、飲み物を出して下さった「温かい気持ち」を飲むことだと理解して下さい。

②のケース
先ず、食べて、飲んで下さい。
ただしその前に「ありがとうございます。頂きます」の言葉は必ず発して下さいね。
茶・菓が出されたら、流派により多少異なりますが、先に菓子を食べてお茶を飲みます。
なかなか緊張してすぐには口がつけれそうないですが、暖かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちにいただきたいものです。

ちょっと上級になりますが、お茶を出されたら器を見ることも大切です。
コーヒーにしてもしかりです。どんなカップでコーヒーを飲ましていただいたのか?
ブランドにこだわるということではありません。大事にされている器で美味しく味わさせていただいたという気持ちが大切です。
どのように美味しかったか、ここまで言えたらご立派です。
経験を積んで、日頃からいいものに触れることも大切ですね。

③のケース
「ありがとうございます。お言葉に甘えさせていただきます」とお礼を述べて、正座を崩します。但し時と場合、また相手にもよりけりですが・・・

日本人と畳の文化は切っても切れないものがあります。
また着物姿で凛々しく畳に正座している日本人女性の姿は、世界一美しいといわれたそうです。30分位は正座ができるようなりたいものです。


以上①②③の遠慮は比較的微笑ましいですが、患者が医師に対してする遠慮、恋愛中なのに「結婚」の話が相手に遠慮して言えない。このようなケースは少し深刻になります。

また「三辞三譲」という日本独特の文化があります。
どんな地位の高い人でも、お金持ちの人でも、進められたいったんは遠慮するというものです。但し三回進められて三回とも遠慮したら駄目だとも戒めています。

要は進められて即座に応じることは控えるべきだということです。
ポイントは「洋」の場合は進められたら即座に、「和」の場合は進められたらいったん遠慮することがお勧めですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ