コラム

 公開日: 2013-05-08 

マナーうんちく話536≪立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花≫

梅、万作に始まり、桜、桃、李(すもも)が春を華やかに彩り、やがて行く春になるわけですが、春のフィナーレを飾る花はなんといっても牡丹(ぼたん)ですね。

牡丹は、もとは中国原産の落葉小低木で、聖武天皇の頃日本に伝わり、瞬く間に貴族の間で流行したと言われております。

高貴な花として多くの人々に親しまれたせいか、「富貴草(ふうきぐさ)」、「花神(かしん)」、「花王(かおう)」、「百花王(ひゃったおう)」等と称賛する異名を数多く持っています。

今ではあまり関心を持たれてないようですが、色と言い、大きさと言い、花弁のボリュームと言い、牡丹ほど、昔から、愛され、尊ばれてきた花は珍しいのではないでしょうか?
それを裏付けるように、多くの有名人により短歌や俳句で読まれています。

ちなみに、「牡丹」の「牡」は「オス」を表し、「丹」は「赤」を表します。
頭に赤い模様が有る鶴を「丹頂鶴」と言いますが、それと同じ意味ですね。

ところで、品の良い美しい女性を表現する時に引用されますが、「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿はユリの花」の諺をご存知でしょうか?

江戸時代の諺の本に記載されているそうです。
ということは、この意味は、着物姿の、品の良い、美しい女性のたとえと言うことになりますね。

畳に正座している着物姿の女性が、立ちあがり、おもむろに歩き始める姿でしょうか、優美でありながらどこか凛として、それでいて、しなやかさや謙虚な態度が伺える理想的な女性像です。

この姿は欧米人には真似のできない美しさだと思いますが、ゆとりがあればぜひ、着物姿で畳の部屋で試してみて下さい。

ちなみに、日本女性は世界の男性の憧れだったそうですが、その美しさは、着物を着て、畳に正座した立ち居振る舞いに有ると言われております。

美人の基準は、その国々の文化や時代により異なりますが、感じ方も10人1色でしょう。
従って、ミスコンテストで自分が最も美しいと思える人が、必ずしも優勝するとは限りません。

しかし、どう考えてみても江戸時代の女性より、現代の女性の方がはるかにスタイルも良いし、顔も綺麗だし、髪の毛だって美しいと思うわけですが、如何でしょうか?

加えて、学校教育も当時とは、比較にならないほど整い、教養の有る女性が大幅に増えているのも事実です。
しかし今、この諺が死語になってしまっているのは残念な限りです。

むしろ、この諺に拍車がかかっていいと思うのですが・・・。

美しい姿の女性の立ち居振る舞い、すなわち、立ったり座ったりする姿を、数多く有る花の中でも特に、「花の王」といわれる牡丹、「花の宰相」と言われる芍薬、さらに「優雅な美しさ」を誇るユリにたとえているわけですので、現代の女性には、それに相応しい人が沢山存在すると思うわけです。

「美人薄命」とよく言われます。
美人は長生きできず不幸であると言う意味ですが、これもおかしいですね。
日本人女性は過去26年間世界一の長寿です。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」。
この諺をもっと、多くの現代女性に、前向きに捉えて欲しいと、牡丹から芍薬に移行するこの季節になると思うわけです。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ