コラム

 公開日: 2013-05-04 

マナーうんちく話534≪鯉のぼりは、なぜ空を泳ぐの?≫

緑のそよ風を受けて、鯉のぼりが空を泳ぐ姿は本当に微笑ましいですね。

前回「こどもの日」をひらが名で表示する理由について述べましたが、もともと日本では、こどもは7歳までは神様からの「授かり物」とされていました。

だから「こども」は、神様に「供える」と言う意味の「供」を使用し、「子供」と表記していたようですが、「供」は「とも」であり、「大人の手下」になるのでよくないと言う理由で、今では「子ども」と言う表記が一般的になりました。

子どもに対する思いも、時代が変わればいろいろありますが、「753」の行事などは、まさに子どもは神様の子とされていたから、生まれたと思います。

ところで、日本には五節句、つまり1月7日の「人日(じんじつ)の節句」(七草)、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」(桃)、5月5日の「端午(たんご)の節句」(菖蒲)、7月7日の「七夕」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」(菊)があり、そのうち5月5日の「端午の節句」だけが、1948年に祝日法により「こどもの日」として祝日になりました。

3月3日の「上巳の節句」、すなわち「桃の節句」であるお雛様は、各地で盛大にイベントが執り行われますが、祝日にはなっておりません。

その理由は色々あるようですが、ここではさておき、「桃の節句」に菱餅や白酒や桃の花をお供えし、雛人形を飾るように、「端午の節句」には柏餅やちまきを食べ、鯉のぼりを飾ります。

前回に引き続き今回は、その鯉のぼりに託す、「親の子どもに対する強い思い」に触れてみます。

鯉のぼりは、中国の「鯉」は「竜」になるという「登竜門」の故事に由来していますが、「鯉」は清流でも沼でも池でも、どんなところでも生きていける非常に強い魚ですから、子どもの「立身出世」の象徴として江戸時代から、町人の間で鯉のぼりを飾るようになったそうです。

江戸時代には、7歳以下の男の子のいる武士の家では、端午の節句が来ると、「のぼり」や「吹き流し」を立てていました。
のぼりや吹き流しもさることながら、「棒」にも価値が有り、田の神が依り付くとされていたようです。

また、江戸時代は身分制度が確立されていた時代で、武士と町人では様々な違いが有ります。「刀を差す」ことや「名字を名乗る」ことは武士には出来ても、町人にはできません。端午の節句に「のぼり」や「吹き流し」を立てることもしかりです。

子を思う心は武家も町人も同じです。
そこで町人衆はどうしたか?というと、「のぼり」や「吹き流し」の変わりに、出世魚として縁起の良い「鯉のぼり」をたてたわけです。

この発想は実にすばらしいですね。
このコラムでも多彩な「江戸しぐさ」に触れておりますが、町人衆の発想は実に豊かだと感心します。

そして、その鯉のぼりが評判になり、今度はそれを武士が真似をして、明治になって、吹き流しと鯉のぼりが立てられるようになったと言う説が有力です。

鯉のぼりの立て方は一般的には、竿の先に「回転球」と「矢車」、その下に「吹き流し」、「真鯉(まごい)」、「緋鯉(ひごい)」の順になります。

ちなみに、「真鯉」は黒っぽい鯉で、「緋鯉」は赤や赤黄色の鯉です。
明治の始めはこれらの鯉だけだったのが、昭和になり「家族的」と言う意味を込めて「青色の子どもの鯉」が加味され、現在に至るようです。

いずれにせよ、豊かで平和で、親が子を思う気持ちの表れが鯉のぼりです。
いつまでも残しておきたいものです。

何百年も続いている日本のしきたりや伝統行事には、先人が考え出した合理的な理由が必ず存在します。

不必要にコマーシャルに左右されるのではなく、その理由を正しく理解し、大人から子どもに伝えて行きたいものですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ