コラム

 公開日: 2013-04-29 

マナーうんちく話530≪昭和とバブルと礼儀作法≫

「桜」から「花ミズキ」に、そして「桜餅」から「草餅」や「柏餅」の頃になってきましたね。
皆様方の地域では、「こしあん」ですか「粒あん」ですか?

この頃になると、なんとか霜の心配が薄れてきます。
しかし、野菜作りにおいては手放しというわけにはいきません。
「八十八夜の忘れ霜」と言う諺が有ります。

八十八夜は「雑節」の一つで、立春から数えて88日目にあたる日で、今年は5月2日です。
温かい日が続いていると思いきや、急に気温が低下し、霜が降り、農作物に被害がでるので、昔の人は警戒し、このように名付けたわけで、注意を促したわけです。まさに、先人の生活の知恵ですね。

「人は自然に背いて栄ゆること能(あた)わず。」といわれるように、自然と調和することはとても大切です。

ところで皆さんは「バブル」を思い起こすことは有りませんか?
バブルとは、一般的には1985年(昭和60年)から1991年(平成3年)の日本の好景気を指します。

とにかく、仕事が有り過ぎて、人手不足で求人が溢れていた時代です。
多くの金持ちを産み、拝金思想が大手を振っていた時代です。

そして、「物の豊かさ」や「利便性」に重きが置かれ、「礼節」と言う言葉が薄れてきた時代でもあるように思います。

昭和の終わり頃までは、富や地位を手に入れれば、次に教養や礼儀作法に価値を置く風潮が有ったような気がしますが、平成の声を聞く頃になって、すっかり失せてきた感が有ります。

ある面においては、この頃が、日本人の倫理や教養の面でも荒廃した時代かもしれませんね。


バブル期の後遺症は多々ありますが、マナーの視点では、計り知れない位、事後に及ぼす影響が有るような気がしてなりません。

バブル期に幼さなかった人も、今や立派な大人です。
親になっている人も多いのも当然です。

そして、その親や子供が、由々しき問題を沢山抱えています。
バブル期に、お金では買えられない大切なものが存在することを忘れたせいです。

4月29日は「昭和の日」です。
その趣旨は、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を願み、国の将来に思いをいたす」とあります。

昭和から平成へと移行した今、悲惨な戦争こそありませんが、子どもの陰湿ないじめ、不登校、校内暴力は後を絶ちません。

加えて、家族、地域、職場の絆が希薄化し、無縁社会や孤独死が出現しました。さらに離婚、家出、自殺の増加、難婚化、未婚化現象等など課題山積です。

これを解決するには、先人の教えに忠実になることです。
そして、皆でほんの少しだけ素敵なマナーを発揮することです。

幸いにも、日本には1000年以上前に生まれた世界に誇る、「和の精神」や、「礼儀作法」、そしてこのコラムでも連載中の「江戸しぐさ」等、良き見本が沢山存在します。

これらを参考にしない手は有りません。
今注目されている哲学や、欧米から入って来たコミニケーションスキル等は、日本にはすでに江戸時代から存在したわけです。

先人の、暮らしの英知、人や自然に対する思いやりの心等を、今に蘇みがえらせ、本当の意味で豊かな時代を作りたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

41

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ