コラム

 公開日: 2013-04-27 

マナーうんちく話529≪どう過ごす?黄金週間≫

百花繚乱のワクワクするような時を与えてくれた春が、刻々と過ぎ去ろうとしています。

「春惜しむ」とか「行く春」といった言葉がお似合いになり、桜前線もすっかり北上しましたが、先人は桜が咲き始めた時、咲いている状態のみならず、散りゆく姿にまで素敵な名前を付けています。

桜の花びらがヒラヒラと舞っている様子が「花吹雪(はなふぶき)」、花弁が水に流れる様子は「花筏(はないかだ)」、そして花がすっかり散って若葉が出てきた様子を「葉桜」と名付けています。

桜の芽がほころんでから咲くまで、さらに、すっかり散ってしまい葉が出るまで丁寧に観察し、キチンと見届け、来年に託したわけですね。

桜の木は神が鎮座されると言いますが、田植えシーズンを迎えるに当たり、山の神をお迎えに行き、桜の木の下で神と供食するユニークな文化を持つ日本ならではの、美しい言葉に心が癒されます。

ところで今年もいよいよ「ゴールデンウイーク」がスタートしましたね。
Golden Week(GW)は、戦後間もない頃の1951年(昭和26年)にできた言葉ですが、まだテレビも普及してなく、自家用車にも縁の無い頃です。

そんな時代ですから、映画館が大流行りで、今のゴールデンウイークの時に上映した映画が、盆や正月より多い集客を記録し、気分を良くした映画会社が「黄金週間」と名付けたわけです。

しかし、この言葉はあまりインパクトが無かったので、当時ラジオの視聴率が最も高かった時間帯、すなわち「ゴールデンタイム」の言葉を真似て「ゴールデンウイーク」としました。

当時は映画を見るか、デパートに行くか、近郊の遊園地に行くか等の、日帰りでの娯楽が主流を占めていましたが、今は、休みもさらに大型化し、娯楽施設も増え、それに娯楽スタイルも多様化したりで、本当に豊かになったものです。

また、ゴールデンウイークは同時に、日頃疎遠になっている人と旧交を温めるたり、家族水入らずの時が過ごせる絶好のチャンスでもあります。
しっかり絆を深めて頂きたいものです。

結婚は「楽しみを倍に、悲しみを二分の一にする」と言われますが、仲の良い友人にも同じことが言えると思います。

仕事から離れ自由な時間が取れる時にこそ、伴侶や子どもや友人に、しっかり耳を傾け、有意義なひと時を過ごされる事をお勧めします。

出来れば、せっかくの機会ですので、大切な人との「楽しい時間」をしっかり共有することをお勧めします。

身近に存在する大切な人を、「欠けがいの無い人」と認識し、大事にして、真摯な態度で接するところに、その人の品格が生まれます。
大切な人につくすことで、本当の意味での生きがいが生じるわけですね。

ビジネスシーンにおける損得勘定を、抜きにした愛情や友情は、人としての証であります。
そして、それを醸し出すのがマナーです。

厳寒に耐え、桜のつぼみがほころび、開花し、散り、葉桜になり、やがて果実をつけるように、私たちの人生にも、常に「愛情」や「友情」と言う実を実らせたいものです。

「夫婦で久しぶりに楽しい一時が持てた」、「子どもの喜ぶ顔がしっかり見えた」、「多くの友人と会うことができた」等と、有意義な思い出が作れるゴールデンウイークになりますように・・・。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ