コラム

 公開日: 2013-04-20 

マナーうんちく話525≪4月の雨が花咲く5月を作る≫

野山の緑が濃くなり、新緑の季節が目の前にやってきましたね。

4月20日は二十四節季の一つ「穀雨(こくう)」です。
雨が若い芽を育み、穀物を育てる頃です。

春の雨は、比較的優しく柔らかい感じがしますが、特に万物の成長を助けるので昔から親しまれ、素敵な名前をつけてもらっています。

静かに降る雨は「春雨」。
花の咲くのを促すように降る雨は「催花雨(さいかう)」。
桜の花が咲く頃の雨は「桜雨」。
杏の花が咲く頃の雨は「杏花雨(きょうかう)」。
菜の花が咲く時期の長雨は「菜種梅雨(なたねづゆ)」等など。

そして、春の雨は、花の芽を潤し育くみ、美しい花を咲かせるので、「花の父母」と呼ばれます。

花や木が美しい花を咲かせるには、色々な気象条件が大切ですが、特に雨は必要不可欠だということです。

幾つ歳を重ねても、親はとかく、あれやこれやと口やかましいものですが、それも丁度今時の雨に、よく似ているかもしれませんね。

親のありがたみは、親がいなくなってわかりますが、春のうっとおしいとも思える長雨は、五月の新緑には欠かすことができません。
こうなると、春の雨は、もっと前向きにとらえなくてはいけませんね。

また西洋には、「三月の風、四月の雨が、五月の美しい花をもたらす」と言う諺が有ります。

三月の強風、四月の長雨があるからこそ、美しい花が咲き、新緑に覆われる五月が有るわけです。
つまり、美しい花は快晴だけでは咲かないと言うことです。

人生にたとえると、辛いことや苦しいことに耐えてこそ、心豊かな生活に有り付けると言うことです。

「若い時の苦労は買うてもせよ」といわれます。

若い時に、色々な苦労を経験すると、それが肥やしになり、人格が磨かれて、その後の人生にいい影響を与えるという意味です。

従って、苦労から逃げるのではなく、自ら進んでその苦労を引き受け、様々な経験をすることが大切だと思います。

最近は物が豊かになり、便利になり過ぎたせいで、若い人は、苦労を経験していません。

精神的にも肉体的にも、さらに苦労する事、耐える事、我慢することを経験さすべきだと痛感しています。

そのためには、先ず家庭の食卓の在り方が大切だと考えます。
つまり、食事の時は、姿勢を正して、感謝の気持ちで食す。
「頂きます」「ご馳走様」の挨拶をキチンとすることです。

加えて、好き嫌いをなくして、食べ残しをしないことも大切です。
また、箸や器を正しく扱うことはとても大切です。

これらができなかったら、先が思いやられます。

三月の風、四月の雨の前には、二月の雪が有ります。
つまり、雪や風や雨を経験して始めて美しい花が咲き実をつけるわけで、温室育ちでは期待通りにはいきません。

家庭においては親が子に対して、学校では教師が生徒に、職場では上司が部下に、愛情を注ぐと同時に厳しさも経験させていただきたいものです。
そのためには、親や教師や上に立つ人が良き見本を示さなければいけません。

素敵なマナーを発揮するには、辛いことも、悲しいことも、色々と経験することが大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ