コラム

 公開日: 2013-04-14 

マナーうんちく話522≪折り目正しい人≫

最近では殆ど、口にしたり耳にしたりすることが無くなりましたが、「折り目正しい」と言う言葉が有ります。

「丁寧」とか「律儀」とかと言う意味に似ていますが、礼儀作法をしっかりわきまえていることです。

つまり、「折り目正しい人」とは、上司やお客様にあった時の姿勢を正した挨拶、高齢者への敬意、食事をする時には「頂きます」、終われば「ご馳走様」の挨拶、世話になった時の「ありがとうございます」のお礼、そんな当たり前のことが素直に出来る人のことです。

何だ、そんな事か!と思われる人がいるかもしれませんが、実はこれが、なかなかできない人が今増えている気がします。

だからあえて、「就活」とか「婚活」等と言う言葉が生まれてきたのではないでしょうか?

人に会ったら挨拶するのが当たりまえ、世話になったら感謝するのが当たりまえ、迷惑かけたら謝るのが当たりまえの時代は確かに存在していたわけですが、利便性や物質的豊かさの追求が優先された結果、これらの「あたりまえのこと」が、出来ていなければいけない時に、出来なくなったから、いざという時に、基本的な事を改めて勉強しなくてはならないと感じます。


折り目正しい人に会えば、好感が持てます。
しかし、これは一朝一夕にはいきません。
出来る限り小さい時から、親が家庭で、正しく躾けることが大切です。
「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、幼い時にキチンと躾が受けられていなかったら、大きくなって苦労します。

このコラムでも触れましたが、よく「お里が知れる」と言われます。
正しく箸が使える人、履き物が綺麗に揃えられる人を見たら、その人のみならず、その人を育てたお父さんやお母さん、さらには祖父母の人となりまで解ります。

ちなみに「躾」とは、漢字が表すように、「身」を「美しく」することです。
但し、この時の「身」とは、単に外見上の身体だけではありません。
「心」の美しさも含まれています。

「折り目正しい」もしかりです。
身、すなわち「仕草の美しさ」と共に、「心の美しさ」も伴うわけですね。

だから、折り目正しい事を怠ると、時としてとんでもないことになります。
自然に対しては環境破壊になりますし、夫婦間では離婚、あるいは友達の間では縁の切れ目になります。

「金の切れ目は縁の切れ目」と言いますが、これは利害関係にある場合で、損得勘定抜きの親子、夫婦、親友同士の間では、お金より礼儀を欠くことが、縁の切れ目に繋がりますね。

「親しき仲にも礼儀あり」です。
伴侶も、仲の良い友人も、元を正せば赤の他人です。

つい甘えが出て、礼節を欠くことが度重なれば、次第に溝ができ、修復に手間どったり、修復不可能になります。

プライベートでもビジネスでも仲の良い友人は大切です。
何でも愚痴が言える人や、困った時には助けてくれる人が必要です。

こうして考えれば、公私共、「この人は」と思う人にこそ、折り目正しく接したいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

84

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ