コラム

 公開日: 2013-04-08 

マナーうんちく話519≪縁は異なもの味なもの、一期一会を大切に!≫

今年は桜が咲くのも早かったですが、燕がやってくるのも早かったですね。
七十二候では、今が「玄鳥至る」頃ですが、今年は彼岸前に見た気がします。

玄鳥(げんちょう)とは燕の事で、東南アジアで冬を過ごした燕が、数千キロ離れた日本に、海を越えてはるばるやってくるわけです。

燕は、その天敵である、カラスやヘビや猫から巣を守るために、あえて人の目につく軒下などに巣を作ります。

糞を撒き散らし汚くなるので嫌がる人もいますが、害虫を食べるので益鳥として古くから日本人に親しまれています。特に、商いをする人は、燕が巣を作ると、人が集まり、縁起が良いと喜びます。

そして、泥や木の枝を加えて来て、巣作りを始め、やがて卵を産むわけですが、卵が孵化するまでは、親鳥は来る日も来る日も卵を温めます。そして、雛がかえると、今度は雨の日も風の日も、一心不乱に子に餌を運びます。
毎年のことながら、その姿には脱帽します。

一方、日本に飛来する鳥がいれば、日本から去っていく鳥もいます。
燕がやってきたら、北に帰る渡り鳥が「雁(がん)」です。

雁は一説によると、大変夫婦仲が良くて、互いに浮気はせず、生涯一夫一婦を貫くと共に、家族や群れとの絆も、非常に深いそうです。

燕の子育てにしても、雁の絆作りにしても、人間が見習う点が多いですね。

最近はコミュニケーション手段が多様化し、デジタルツールを通じてのコミュニケーションが上手な人が増えています。
このことは、とても素晴らしいことです。

しかし、人と人とが、直接顔を合わせてのコミュニケーションは、苦手な人が増えた感が有ります。

学校や職場で新たなスタートを切り、これから多くの人々と、絆を広めて行きたいと思われている人も多いと思います。

そのためには、当たり前のことですが、人と直接触れ合うことが大事です。
学校や職場は殆どの場合、人と人との出会いや、触れ合いや、支え合いで成り立っています。

直接人と触れあうことで、相手の生の声を聞き、態度や表情を見て、人間関係を築くことが必要だと思います。

デジタル世代の人は、直接人と触れ会うことが、苦手な人が多いようですが、兎に角、若い時から経験を積み重ねる努力が大切です。

新入社員研修などで、名刺交換をしますが、社外の人に名刺を配る前に、まず身内の人と仲良くされる事をお勧めします。

つまり、同じ職場の、同僚、先輩、上司と、先ず素敵な人間関係を築くことが先です。確かに、同僚はある面ではライバルではありますが、なんと言っても同じ釜の飯を食う仲間です。

共通する部分も多々あります。さらに、これから何十年もの長い付き合いが予想される人です。従って先ず、このような人達との絆作りが先決です。
身内との足場をしっかり固めたら、次に外に向かって下さいね。

色々な人との絆は、長い人生をハッピーに彩る、かけがいの無い宝です。
失敗を恐れ後ずさりするのではなく、若者らしく、前向きに挑戦し、豊富な人脈を築いて下さいね。

「縁は異なもの味なもの」と言われます。
恋も恋愛も友情もビジネスも、ほんの些細なきっかけから生じるものです。
これから生まれる多彩な出会いを、常に一期一会の精神で臨んで下さい。

そして、「財を以って交わる者は財尽くれば交わり絶え、色を以って交わる者は華落つれば愛変わる」とは、中国の思想書に有る有名な言葉です。

金目的でコミュニケーションを図る人は、金が無くなれば交際は途絶えるし、美人だからといって安易に交際すれば、色気が衰えたら交際が無くなります。
損得抜きで、色々な人と交わり、見聞を広める事も大切です。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ