コラム

 公開日: 2013-04-04 

マナーうんちく話516≪袖触れ合うも多生の縁≫

日本で如何に桜が生活の中に根付いているかを実感できる時期ですね。
話題や催し物やスイーツまでが桜に集中しているような感が有ります。

しかし春を象徴する花は、桜以外にも沢山あります。
レンギョウ、スイセン、ツツジ、モクレン、それに「コブシ(辛夷)」も有名ですね。

千昌夫さんのヒット曲「北国の春」に登場してすっかり有名になった花です。
こぶし咲く あの丘 北国の ああ北国の春 季節が都会では・・・。

実はこの花は農事にとっても大変貴重な花で、昔の人は、この花が咲くのを待って芋を植えたり、田植えの準備をしたので、地域により「芋植え花」とか、「田打ち桜」とか呼ばれています。

さらに、風邪にも効くし、匂いが良いので生薬や香水の原料にもなるようです。

そして、日本ではこの花が咲くと、いよいよ出会いの季節到来です。
新学期や新年度も始まり、多くの人との多彩な出会いが生じ、縁が結ばれる嬉しい時期です。

今は、物が豊かで便利な世の中です。
しかし、人と人との絆が希薄になり、多くの矛盾が生じています。

物質的な豊かさ、利便性、合理性の追求も否定するものではありませんが、是非この機会に、人との素敵な縁を結び、縁を育てて下さい。

「袖触れ合うも多生の縁」と言う諺が有ります。
「多生」とは難しい言葉で、日常会話にはほとんど使われませんが、仏教の言葉で、生と死を何度も何度も繰り返す、「輪廻転生(りんねてんしょう)」の考え方です。

例えば、道端で人とすれ違い、単に袖が触れあっただけでも、それは何らかの過去の縁によるものだと言う意味です。

すなわち、袖が触れあうのは、偶然ではなく、縁によってもたらされた必然であるから、人と人との縁は大切にしなさいと言う教えです。

勿論、今は着物を着る人が少ないので、袖を振り合うことは滅多に有りませんが、同じ会社に入ったとか、同じクラスになったとか、セミナーに出席して隣の椅子に座ったとかに置き換えても良いです。

公私共によく使われる言葉で、この人とは一生にたった一度だけしか会えないかもしれないから、特に真心こめておもてなしをするという、「一期一会(いちごいちえ)」の考え方と似ていますね。

最近、「物の豊かさ」より、「心の豊かさ」を求める人が増えています。
心の豊かさとは、良好な人間関係にほかなりません。

良好な人間関係を築くことは、古今東西、老若男女全てにおいて最重要課題です。ここにマナーの大きな存在意義が有ります。

同じ学校に入学した人、同じクラスになった人、同じ会社に入った人、仕事や趣味を通じ交流が始まった人等は、共に深いご縁が有ったわけですから、この縁を大切にして、心を込めたお付き合いをして下さい。

このコラムの「良好な人間関係を築くマナー」を是非参考にして下さい。
加えて、出来ることから日常生活に取り入れて下さい。

辛夷の花は清楚な感じが漂う純白で大変美しい花ですから。里山や家庭の庭では、とても存在感が有る花です。

「友情」と言う花言葉を付けてもらったのは、この花の佇まいが、暫く会っていない大切な人に、ふと会いたくなるような郷愁をかきたててくれるからかもしれませんね。

新たな縁と同様、以前からある縁も大事にしたいものです。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

107

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ