コラム

 公開日: 2013-04-01 

マナーうんちく話514≪「嘘の新年」と「白い嘘」≫

四月は卯の花が咲くので「卯月(うづき)」と言われますが、「卯」とは初めを意味するので、新年度の始まりに相応しいですね。
ただ「晴れの国」で卯の花が咲くのは、もう少し先になります。

ところで、江戸時代の頃は「年度」と言う概念は無く、全ての始まりは正月だったようですが、明治になると「年度」と言う制度が出来、桜の咲く4月が、学校や企業等の年度初めになったようです。

その理由は、単に桜が咲く時期からだからではなく、明治の高等師範学校が四月にスタートし、それがやがて小学校まで普及しと言う説と、当時世界の最列強国であったイギリスに真似たという説が有力です。

以来日本では、桜の咲く時期が入学式や入社式になり、すっかり春を素敵に彩る風物詩になりましたね。

そして、4月1日は「エイプリル・フール」とか「四月馬鹿」等と呼ばれるヨーロッパの習慣が定着しています。

これは日本でも最も普及したヨーロッパの習慣の一つで、正式には「エイプリル・フールズ・デー(April fools day)」のことです。

いわゆる、この日だけは嘘をついて人を驚かしても良いとされる、ウソ公認の日ですね。

但し、この日の嘘は、害も罪もなく、嘘をついた方も、つかれた方も、互いに笑いあえる嘘だというルールが有ります。いわゆる「White Lie」です。

この起源は全く明確ではありませんが、一説によると、16世紀の有る年、一年の始まりとされる4月1日に春のお祭りを楽しんでいたフランスで、王様が急に新年を1月1日に変更したため、それに怒った大衆が、4月1日を「嘘の新年」としてお祭りにし、馬鹿騒ぎしたようになったとか・・・。

日本には昔から「嘘も方便」と言う諺が有ります。
基本的には嘘をつくことはいけないが、時と場合によっては、嘘をつくことも必要な事が有ると言う意味です。

実感として思い当たる人も多いと思います。
特に上に立つ人ほど、頷ける話ではないでしょうか?

何かの拍子に苦境に立たされた時とか、その場を丸く収めなければいけない時に、嘘をつくことは罪悪と知りつつも、好結果をもたらすために仕方なく嘘をつかなければいけないこともありますね。

真実と誠の使い分けも、コミュニケーションのスキルかも知れません。
但し時と場合に寄ります。
特に家族団欒の必要条件は「嘘が無い事」と「思いやりの心が有る事」です。

いずれにせよ、表面上の体裁を整えるだけではなく、周囲の雰囲気や相手の心理を的確に把握して、何事も臨機応変に対応することは難しいですね。
人生経験を積むのが一番でしょうね。

徳川家康は「誠らしき嘘はつくとも、嘘らしき誠を語るべからず」と述べています。

良好な人間関係を築くには、相手に対して、自分をいかに良く思わすかが大切で、真実のみがすべてではないと言う意味です。

しかし、「嘘は雪だるまのようで、長く転ばせば大きくなる」と言われます
最初はほんの取るに足らない小さなウソでも、色々な人に伝わる度に、憶測や誤解が加味され、とんでもない大きな嘘に発展する場合もあります。
くれぐれもご用心を・・・。

嘘をつくのも、つかれた嘘を見破るのも、本当に難しいものですが、いずれにせよ、人を傷つける言葉だけは避けたいと思います。

昔は「四月一日」と書いて「わたぬき(綿抜き)」と読んでいました。
つまり、温かくなってきたので、着物の綿を抜いて袷に仕立て直したのです。
従って、陰暦4月1日は衣替えの時でもあります。

服装もさることながら、弾む心で、今日から爽やかなスタートを切って下さいね。英語のスプリングには「弾む」と言う意味もあるそうですよ。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ