コラム

 公開日: 2013-03-30 

マナーうんちく話513≪日本人はなぜ花見をするの?≫

桜ほど日本人を虜にした花は無いのではないでしょうか?
桜の開花予報から桜前線の通過状況、さらに桜祭り、お花見、旅行、桜スイーツ等など、日本中が桜色に染まる時期に、心が浮き浮きするのは、昔も今も変わりませんね。

今年も恒例の桜カーニバルが開幕し、この週末に花見に行かれる方も多いと思います。

桜の花を眺める人を「桜人(さくらびと)」と、大変美しい言葉で表現しますが、昔の桜は、山あいにほんのりと咲く「ヤマザクラ」や「ヤエザクラ」が多かったようですが、現在は圧倒的に「染井吉野(ソメイヨシノ)」です。

しかし、ソメイヨシノが花見の主役の座に就いたのは浅く、江戸時代の終わり頃に、染井村の植木職人が改良を重ね、世に送り出したと言われております。

ところで、日本人はなぜ、桜の花だけにここまで愛着を示すのか?
その原因を探ってみたいと思います。花見の際に、話しのネタにして下さい。

主たる原因は、米を主食とする、日本の稲作文化に有るようです。
田植えに関係が深い、「早乙女(さおとめ)」や「早苗(さなえ)」等は、「サ」の字が付いており、「サ」は稲に関係する言葉だと言う説が有ります。

そして、「サクラ」は、「サ」の「クラ」、つまり「田の神様」の「依り代(よりしろ)」だと考えられるわけです。

このコラムで何度か「神人共食文化」に触れましたが、それを思い浮かべて頂ければさらに納得頂けると思いますが、田植えが始まる頃になると、人々は心身を清め、「田の神様」をお迎えに行くために山に出向き、そこで桜を囲み、酒を飲み、ご馳走を食べます。

そして、当時は桜の咲き具合で、農作物が豊作になるか否かが決まると考えられていたので、桜が一日でも長く、美しく咲いて欲しいとお願いするわけですね。

加えて、桜の花びらが散るのに乗じて、悪霊が舞い散り、人々に災いをもたらすと考えられていたので、これを鎮めるために、桜の下で踊って、悪霊を沈めたとされています。

桜の花びらの散りゆく様子が、日本人の、もののあわれを象徴しているような言い伝えですね。

桜は、今では人生の節目を艶やかに彩る花ですが、日本人のこのような感性や文化は、花を愛で、花を美しいと感じた時から始まったのでしょうか?
実に奥が深いような気がします。そして、いつまでも後世に残したい日本人の大切な心の文化です。

この時期、テレビや新聞のニュースでは、桜を見ながら飲み食いする人を「花見客」と報道していますが、職場やグループ等で賑やかに景気よく楽しむのも良いですね。

さらに、大切な人と静かに、「花見客」ではなく、「桜人」となって、優雅に愛でるのもまた楽しからずや!ではないでしょうか。

私にはほとんど縁が薄いですが、最近は「ツイッター」とか「フェイスブック」等と呼ばれる、ソーシャル・ネットワーキング・サービスが普及し、絆づくりの大切さが再認識されているようですが、一方では、実際に人と人とが出会って、付き合いをする時間は減少しているとのこと。

別れと出会いが織りなす春らんまんの季節。
桜を愛でながら、旧交を温めたり、新たな縁を結んだりして、日本人らしい絆作りもお勧めです。

そして、「どこに」花見に行くかも大切ですが、「誰と」行くかを大切にして下さい。

ちなみに、桜の木のすぐ下には大切な根が張っています。
従って、花の下には陣取らないようにして、桜にも美しいマナーを発揮して頂きたいものです。

さらに前回お話しした、「こぶし腰浮かせ」の精神もお忘れなく。
美しいモノは、美しいココロで愛でるのがお似合いです。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1579《有名人の振る舞いとマナー》

寒さが厳しくなるにつれ、うつむき加減になることが多いものですが、この時期冬の夜空を見上げるのもお勧めです。...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ