コラム

 公開日: 2013-03-28 

マナーうんちく話512≪こぶし腰浮かせ≫

今年は暖かくなるのでしょうか?
季節の移り変わりが例年よりかなり早いような気がします。
県北から早くも「水芭蕉」の便りが届きました。

そして、七十二候では、丁度今頃が「桜始めて開く」頃なのですが、今年は多くの地域で、すでに満開になっていますね。

《さまざまの こと思ひ出す 桜かな》

私のような凡人には、ごくありふれた句だと思いますが、これが芭蕉の句となると、にわかに芭蕉のイメージに反応して、名句に思えるから不思議です。

桜は毎年、色々と人の思いを映して咲くのでしょうか?
皆様は、桜にどんな思いが有りますか?

これから桜前線の北上と共に、日本列島は賑やかになりますが、桜の花を囲んで酒を酌み交わし、ご馳走を食べる楽しみは日本人ならではで、今も昔も変わりませんね。
どうか、今年も良い思い出を作って下さい。

ちなみに、桜の開花は、昔の人は七十二候である程度知り得ましたが、現代人は最新の科学で事細かく予報できます。

また、昔の人は豊かな感性で持って桜を愛でましたが、現代人も負けてはいません。「桜前線」と言う非常に美しい言葉を作りました。また、開花の状況を、「ちらほら」「三分咲き」「五分咲き」「満開近し」「見ごろ」「散り始め」等と非常に繊細に分類しています。

加えて、「桜ソング」や「花見ソング」も沢山あります。

春のうららの 隅田川 上り下りの船人が 櫂のしずくも
花と散る ながめを 何にたとうべき

ご存知、滝廉太郎作曲の「花」です。
この時期になると、日本人なら、誰しも頭をよぎる曲ですね。

ところで、皆さんは「渡し船」をご存知でしょうか?
今は交通事情もすっかり改善され、河川には大きな橋がかかっていますが、昔は船で川を渡っていたわけです。

私も幼い頃には渡し船に乗った経験が有ります。
モーターではなく、船頭さんが櫂で漕ぐ船ですから、乗船できる人数も限られている小さな船です。水戸黄門等の時代劇にも、しばし登場していますから、ご存知の方も多いと思います。

この渡し船に、先に乗った人が数人腰かけて、出航するのを待っている所に、後から乗客が来たら、それぞれが、自分のこぶし分だけ詰め寄り、スペースを開けて、後から来た人に譲ってあげる仕草を「こぶし腰浮かせ」と言います

腰の両側に、それぞれこぶしをついて、腰を浮かせて詰め寄ったそうですが、船は、車や電車のように安定していませんので、そんなに杓子定規にはいかないと思いますが、後から来た人に、一同が機転を利かせ、思いやりの精神を発揮するしぐさです。

さしずめ、現代版の電車ですね。
二人掛けもさることながら、六人掛けのシートに五人が程良く乗っていて、そこへ新たに一人の客が乗って来たとします。

この状態では、皆何食わぬ顔をすれば、それで通るかもしれませんが、ここで皆が一様に、思いやりの精神を発揮して、少しずつ詰めれば、後から来た人は、気持ち良く座ることができます。

知らぬ顔をしてそのまま座っているか、少々窮屈になっても譲り合って一人分の空間を作るか、皆様はどちらのタイプでしょうか?

花見シーズンで一番気になるマナーは、「ごみの後かたづけ」と「場所取り」です。

苦労して場所を確保したけど、後から来た人のために少し無理をしてでも、良いスペースを譲り合う。
どんなご馳走より美味しい花見になりそうですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ