コラム

 公開日: 2013-03-18 

マナーうんちく話506≪お彼岸とボタ餅とTPP≫

『毎年よ 彼岸の入りに 寒いのは』

愛媛県松山市の方言は良く解りませんが、岡山弁で言えば、お母さんに「彼岸だと言うのに寒いなー」というと、お母さんが「そりゃー毎年の事じゃが」と答えた。その様子を素直に詠んだ正岡子規の俳句ですが、今年は彼岸前から桜が開花し、上記の句が影を潜めた感じですね。

さて、彼岸に入り、3月20日(水)の春分の日にはお墓参りを予定されている方も多いと思います。

夫婦・家族間の絆の希薄化が問題になる中、お墓に参られることは、とても意義深いことだと思います。
家庭の年中行事として、家族揃って参られる事をお勧めします。

お墓参りは、彼岸中でしたらいつでもいいと思いますが、お寺に着いたら先ず御本尊様にお参りし、お墓の掃除をして、線香に束のまま火をつけお供えし、シキミや花を飾ります。この時、ボタ餅や故人が好きだった物をお供えしたらいいでしょう。

次に故人と縁の深い順に、墓前で両手を合わせて拝礼しますが、その前に墓石に柄杓で水を掛けます。
ちなみに、水を掛けるのは、仏様に喉を潤して頂くためだと言われております。

お寺やお墓が遠いので、お参り出来ない場合は、家庭で供養されても良いでしょう。また、より丁寧にする時には、同じ宗派の僧侶を招いて、お経をあげて頂き、「お布施」を渡されたらいいと思います。

ところで、お彼岸には付き物の「ボタ餅」と「オハギ」ですが、どちらも同じものなのに、なぜ呼び方が違うのでしょうか?
いずれも原料は、米と小豆と砂糖で、餅のように搗かずに捏ねる程度です。

今でこそ日本は「飽食の国」ですが、江戸時代は、米を生産するプロの百姓でさえ主食は麦・粟・稗等で、米や小豆や砂糖は一般庶民には大変貴重品です。

だから、年に2回の彼岸には、これらの贅沢な食材を使用した餅をご先祖様にお供えしたわけです。
さらに、小豆の赤色には魔よけの意味もあり、より重宝されたようです。

そんな貴重な食べ物ですから、江戸の人々は、四季に応じて呼び方を変えたのですね。実に奥深い話しです。

春の彼岸の頃には、百花の王と呼ばれる牡丹の花が咲くので、その名を取って「ボタモチ」と名付けました。

秋の彼岸の頃には、万葉集で一番多く登場する萩の花が咲くので、その萩を丁寧に言って「オハギ」と名前をつけました。

さらに、夏には「夜船」と名前をつけています。
ペッタン、ペッタン餅のように搗かないから、隣の人はいつ搗いたのかわからないので「搗き知らず」になり、これが「着きしらず」になり、最終的には夜舟になるわけです。夜舟は音も立てないで到着するので、「着き知らず」ということです。

加えて、冬には「北窓」と呼ばれます。
これは、「搗き知らず」が「月知らず」になったわけです。
北側の窓からは月が見えないから、「月知らず」になるわけですね。

また、「こしあん」と「つぶあん」の違いは、春と秋には小豆の状態が違うからです。小豆の収穫期は秋ですから、お萩はとれ立ての小豆が使用できますが、春のボタモチは冬を越した皮の硬いあずきを使用するようになります。
ただし、今の調理技術では関係ありません。

現在、「江戸しぐさ」をシリーズで掲載していますが、江戸の人は、食べ物にも季節感を持たせ、このような洒落心を抱いたわけですね。

政府はTPP(環太平洋経済連携協定)交渉への参加を正式に決めました。
これを日本農業の存亡の危機と捉え反対の声を高らかに上げるか、世界貿易の新しいルールを作る新たな門出と捉え歓迎するかは、それぞれ意見の分かれるところです。

何もかも多種多様化した今、全ての人を満足させる答えは有りません。
しかし、農業は食に直結する部門であり、経済だけでは計れない多様性を含んでいます。加えて、日本の食文化は本当に素晴らしいものが多々有ります。

TPP交渉参加により、日本の農業が今後どのように展開していくは解りませんが、このような豊かな精神文化はいつまでも後世に残し、伝えて行きたいものですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

49

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1482《打ち合わせ中に携帯電話が鳴った。どうする?》

今や公私とも携帯電話を持ち歩かない人は珍しいでしょう。携帯している以上所かまわずかかってきます。掛け...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1481《「大黒柱」と「父の日」》

クールビズ商戦も梅雨に入り一息ついているようですが、それに代わって商店街やデパートでは父の日のプレゼントコ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ