コラム

 公開日: 2013-03-03 

マナーうんちく話495≪恋して愛してお雛様③「雛祭りとマナー教育」≫

雛祭りは、女児が無事に育ったことへの感謝と、良縁に恵まれますようにとの願いを込めて、女の子のいる家庭では、家族や親族が祝う大切な年中行事の一つですが、女の子は雛祭りを通じ、色々な事をお母さんから教わります。

最近では、雛人形を出したり、閉ったりするのが面倒くさいので、雛人形を飾らない家庭も増えているそうですが、「面倒くさい事をあえて子どもと共にすること」に、普遍的な意味が込められていると感じます。

始めに雛人形の基本的な飾り方に触れましたが、中でも2段目に飾る三人官女の内、真ん中の一人は歯が黒くて眉毛が有りません。
これは既婚者を表し、お内裏様に、結婚に関する様々な礼儀作法を教える役目が有ります。

また、雛祭りには、祖父母や親しい人を招待して会食を催すことが有ります。
その時に供する「祝い膳」には、「ハマグリの吸い物」が付きますが、これには深い意味が有ります。

ハマグリは同じ片割れでないと、ピッタリと合わないので、一夫一妻の「貞操観念」の大切さを意味します。
さらに、ハマグリは汚れた水を嫌うので「純潔」の大切さも表します。

余談事ですが、ハマグリの由来は、貝の形が栗に似ているのでハマグリと名付けられたそうですが、旬は桃の花と同じで、三月から四月です。
そして、今でも、「夫婦和合」の象徴として、結婚式の席で供されます。

現代では、貞操とか純潔と言えば価値観も様々ですが、当時は、一般庶民は別として、高貴な家では家を継ぐことに絶対的価値が置かれていたため、貞操や純潔と言うことには、とても敏感だったようです。
武家の娘が嫁入りの時に着る「白無垢」は、まさにその象徴ですね。

加えて、雛祭りは、「終わった後の片付け」も大切な意味が有ります。
良縁に恵まれるためには、面倒な後かたづけも、キチンと真心こめて、丁寧にできなければいけないよ!と言う教訓です。

そして、雛人形を片付けるタイミングは、雛祭りが季節の節目のお祭りであると言う視点から、節句を過ぎたら、早めに片付けるのがお勧めです。

25年は、3月5日が「啓蟄」ですから、すくなくとも、この日くらいまでには片付けてしまいたいですね。

片付けるのが遅れたら、「婚期が遅れる」と言う、言い伝えも有ります。
これは、いつまでもお祭り気分に浮かれてはいけないよ!との戒めの意味が込められているようです。

ところで、物事が遅くなる事を「トウが立つ」と言いますが、これは、野菜等が旬をとっくに過ぎ、成長し過ぎて、茎が伸び美味しくなくなる状態です。

当時は、平均寿命も短じかかったせいも有り、結婚適齢期が、女性は10代半ばでしたから、20歳も過ぎれば「トウが立つと」言われていたようですね。
ちなみに、雛人形のお内裏様の女雛は18歳だそうです。

以上のように、雛祭りは、お母さんが女の子に、「日本の四季の美しさ」、「良縁の大切さ」、「絆の大切さ」、「礼儀作法の大切さ」、を始め、「雛人形の飾り方やしまい方」、「客人をもてなす方法」等などを教える、とても大切なしきたりであると考えます。

幼い頃に、お母さんから、このような事をしっかり教えて頂いた子供は、まさに良縁に恵まれそうですね。

ちなみに、「幸せ婚」推進派の私は、「良縁」とは、「良い人に出会い、恋をして、愛を育み、幸せな結婚をして、幸せな家庭を築き、それを持続する事」だと定義づけています。

核家族化、共働き等で何かとせわしいこの頃ですけど、女の子にとっても、家族にとっても、親族にとっても、地域にとっても、国にとっても、良縁に恵まれることは、掛けがいのないことです。

3月3日の今日は、日本人全てが雛祭りの大切な意味を、再認識して欲しいと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ