コラム

 公開日: 2013-02-23 

マナーうんちく話487≪「沈黙の春」とマナー≫

昭和51年から始まっている、「晴れの国」岡山の春の風物詩、後楽園の「松の菰焼き」も終わり、春がそこまでやってきました。

心浮き浮きと参りたいところですが、連日報道されている中国からやってくる大気汚染が気になりますね。

そうでなくとも日本では、これから花粉症の季節になり、加えて黄砂も飛んでくるのに、それに「PM2.5」と呼ばれる微小粒子状物質が加われば身体にいいわけないですね。

物質的な豊かさや便利さと引き換えに、常に人の命や健康が犠牲になっている気がしますが、これでは本末転倒ですね。

昔は朝鮮半島や中国から、仏教や多彩な文化が海を渡って日本にやってきて、心豊かな生活に寄与してくれました。

しかし、科学が進歩した現在は、朝鮮半島や中国から、核爆弾や大気汚染の危機が空からやってくるようになりました。

一方、東日本大震災から2年を迎えようとしていますが、今だ32万人の人達が原発事故のせいで、故郷を追われ避難生活を余儀なくされています。
本当につらいことだと思います。

日本は世界屈指の「飽食の国」であり「美食の国」でもありながら、食料自給率は先進諸国の中では最も低く約39%しかありません。

さらに、日本は資源に非常に乏しい国で、ほとんど外国からの輸入に頼り、原子力を除けばエネルギー自給率は約4%です。

省エネ製品もどんどん開発されていますが、エネルギーの消費量は減ることは有りません。

そんな中、石炭・石油から原子力へとエネルギー政策が転換され、経済は益々活性化され、先人達が夢にも思わなかった豊かさや便利さを手に入れました。

台所事情しかりです。
和食、洋食、中華の調理器具や食材が有る台所を備え、世界一贅沢な物を食い、世界一食品廃棄物を排出しています。

物も全国津々浦々まで豊かで便利になりました。
座ったままリモコン一つで、冷暖房の調整や電気の消灯や好きなチャンネルのテレビが見ることができます。

欧米のセレブが持つバッグを持ったり、ブランドの服も自由に着ることができます。化粧もダイエットにも多額のお金を掛けることができます。

このように、今までとは比較にならないほど物質的な豊かさや便利さを手に入れましたが、それと引き換えに多くの貴重なものを失いました。
その結果、多くの人が犠牲になり不幸になっています。

約半世紀前に出版されたにもかかわらず、今なお世界中に多くの読者が存在する、レイテェル・カーソン著Silent Spring(沈黙の春)をご存知の方も多いと思います。

農薬や化学薬品がもたらした被害の実態を問い、自然へのマナーを怠った現代人に警告を鳴らし、人類にとって「本当の豊かさとはなにか?」について考えるきっかけを与えた先駆的な本だと思います。

この本には、「DDT」と「BHC」が登場しますが、農薬は農業とは切っても切れない関係にあり、農業の生産性を大きく高めてくれます。
有機野菜は理想ですが、全て有機野菜で12500万人の胃袋は満たせません。
しかし、農薬によるリスクも心配が有ります。
どこで、どのように調整するかです。

まだ農薬が無かった時代に先人たちは、木に菰を撒いて、その中に害虫を取り込み焼いて殺すという、原始的で効率は悪いですが、環境に配慮した方法を生み出しました。

環境保護か?経済優先か?
二者択一と言うわけにはいかないとしても、おおいに検討しなければならない時です。

そして、その根源になるモノは、人間や自然に対する「思いやりの心」だと考えます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ