コラム

 公開日: 2013-02-13 

マナーうんちく話477≪バレンタインデーと愛の告白≫

2月は一年で最も寒いせいか、季語の少ない月ですが、それでも俳句の世界では、「早春」「立春」「春寒」「春時雨」などの春の季語が沢山存在し、寒い中にもほのぼのとした温かさが感じられます。

そして、明日2月14日はバレンタインデーですね。
多くの女性が、思い思いのチョコレートを意中の人や身近な男性に配り、思いいを伝えたり、感謝の気持ちを表現する、ある意味では、心温まる(?)行事だと言えるかもしれません。

しかし、本来でしたら、バレンタインデーとは「愛を告白する特別な日」なのですが、19990年代頃から、日本人の恋愛観、結婚観、離婚観などに大きな変化が現れたせいでしょうか、最近のバレンタインデーの在り方もかなり変化しましたね。

特に、若い人達に恋愛や結婚にネガティブな人が増え、彼女や彼氏がいない人が年々増加し、晩婚化、未婚化、非婚化が進展しています。

そんな中、今までの本命チョコとか義理チョコ以外にも、自分自身とか、仲の良い友人同士でプレゼントを交換し合う人が増えているようで、バレンタインの在り方も、すっかり多様化しました。

そして、気になるところですが、バレンタインデーに、はたして、どれくらいの人が、実際に愛を告白するのでしょうか?

ある調査によると、バレンタインデーに、男性に愛を告白した経験の有る女性は約50%だそうです。

この数字が、多いのか少ないのかはよくわかりませんが、私は寂しい気がします。

日本で、男女共同参画社会が唱えられて10年以上になり、行政主導で様々なイベントや啓発活動が行われ、女性の社会的地位も向上し、社会で活躍している女性が目立つようになりました。

さらに大学への進学率は女性の方が男性より高いようですし、平均寿命もはるかに女性が高いのが現状です。

加えて、「肉食系女子」などと言われるキーワードも登場したり、縁結びの神様におまいりする人も圧倒的に女性が目立ちます。

バレンタインデーは、女性が年に一度愛を告白できる大切な日です。
もっともっと積極的になって頂き、50%を70%や80%位に上げて、恋愛や結婚に前向きになって頂きたいものです。

既婚の人は、亭主に、より愛情表現をする日になったらいいと思うわけです。
そして、来る3月14日は、それに対し、男性が答える日になれば、このバレンタインのイベントはもっと、もっと生きて来るのではないでしょうか?

日本では「学問の神様」として菅原道真が祀られています。
道真公は平安時代に活躍した政治家であり学者で、今生きていれば1100歳以上になります。

これに対し。バレンタインデーの由来になった聖バレンタインは、3世紀に実在したキリスト教の司祭で、今生きていれば1700歳を超す人物で、いわゆる「恋愛の神様」「結婚の神様」ではないでしょうか?

ローマ皇帝は、兵が恋愛すれば戦争の士気が低下するので、恋愛や結婚を禁止したのですが、バレンタインは、密かに彼らの恋愛や結婚に加担したために、皇帝の逆鱗に触れ、処刑されたという悲しい物語が有ります。

日本では、まだまだ女性から男性に愛を告白するのは、大きな決心がいりますが、時代が大きく変わりました。

「幸せ婚」推進派の私としては、年に一度、バレンタインに見習って、勇気を振り絞って愛を告白することをお勧めします。

そのためには、恋愛にもっと前向きになり、本命の人を確保して下さい。
日頃から、素敵なマナーを発揮して、自分磨きに励むことが功を奏することに繋がると思います。

「愛はわれらを幸福にする。愛はわれわれをゆたかにする。」
ドイツの詩人ハイネの詩の一説です。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ