コラム

 公開日: 2013-02-12 

マナーうんちく話476≪「春告げ草」と「友人」≫

「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」と読まれた梅。
梅は、花が一輪また一輪咲く度に、春が近づいているような気がするので、「春告草(はるつげぐさ)」と呼ばれています。

桜のように華やかさは無いものの、凛とした漢字が良く似合う花ではないでしょうか。また、それでいて、どこか寂しくて「謙虚」と言う言葉がおピッタリなので、桜と共に日本人に大変愛される花です。

もともと、中国から遣唐使等の留学生が持ち帰り、貴族社会で重宝されていたせいか、万葉集でも「萩の花」に次いで多く読まれています。

従って当時の花見と言えば「桜」ではなく、「梅」であったことが容易に推察できます。そして武士の台頭と共に逆転したようです。

しかし、梅は花が咲いた後に、薬効の有る実をつけるため、実用面でも、重宝されていますね。

特に、梅が健康に良いのは、日本人なら多くの人が認識していることで、今でも旅館や家庭でも、朝食に梅干しが愛用されています。
また、昔から殺菌効果を利用した「日の丸弁当」にも不可欠ですね。

ちなみに、梅の木には鶯がお似合いのようですが、実際に梅の木に鶯が止まっている姿はあまり見かけませんが、皆様は如何でしょうか?

このように昔から梅と日本人は、大変密接な関係にあり、その証拠に梅に関する諺も多々あります。

例えば、「塩梅(あんばい)」と言う言葉はおなじみですが、料理用語のみならず、具合のよい事を「良い塩梅」だともいいます。

また、「松」「竹」と共に、お目出度や縁起物や等級にもしばし使用されます。
松と竹は、冬の寒さにも負けずフルシーズン緑を保ち、梅は他の花に先駆けて厳寒に咲くから、縁起が良いとされています。

ところで、最近夜明けが早くなったと思いませんか?
たまには、朝早めに起き日の出を見て、さらに、夕方の日没をゆっくり眺めることをお勧めします。

梅の開花に春の訪れを感じ、自然の秩序を再認識し、自然と語り合うことで、ストレスを和らげたり、色々な知恵を授かるのも良いものです。

さて、昔から「梅干しと友は古いほど良い」と言われます。
梅干しは長くつけるほど味が良くなります。
そして、友達も古い付き合いほど、気心が知れ、信頼感が増すと言う意味です。

梅干しはさておいて、仲の良い、古い友人はいますか?
異姓にせよ、同姓にせよ、長年付き合っている友人が何人いるかで、その人の評価が決まると言われますが、大いに頷けます。
特に、高齢になるほど、腹を割って、何でも話せる古くからの友人は大切です。

日本は物質的には豊かで、世界屈指の長生の国に成りましたが、無縁社会に成り、高齢者の孤独死が珍しくなくなりました。
特に50歳以上の男性は要注意で、夫婦円満をお勧めします。
また、一人暮らしの人は、遠くの親戚より近くの友人を大切にして下さい。

勿論、若い人もしかりです。
学生なら学生生活を通じ、生涯の友と言える人を作られる事をお勧めします。

サラリーマンなら、ビジネス上の付き合いのみならず、プライベートの友達作りに励んで下さい。

今、お金に関するセミナーが流行しているようですが、「友達づくりの講座」は見かけません。
お金と同様、心豊かな生活を謳歌するには、友達の存在はとても重要であると考えます。特に、互いに長所も短所も知り尽くした、何十年来の友は特に有り難い存在です。

最近は老若男女問わず、友人がいない人が増えています。
梅は「春告げ草」、鶯は「春告げ鳥」、鰊は「春告げ魚」と呼ばれているように、日本には、春を告げてくれるものが沢山ありますが、異常気象のせいで自然のサイクルがおかしくなっているようです。

友達づきあいもしかりです。
便利になったり、コミュニケーションツールは比較にならないほど充実しましたが、心豊かな人間関係作りは下手な人が増え過ぎています。

最近の日本人は、本当に大切な物を沢山失っているように思えてなりません。
梅や鶯が春の到来を告げてくれたら、マナーの大切さを全ての面で再認識する必要が有ると感じます。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ