コラム

 公開日: 2013-02-10 

マナーうんちく話474≪ほのかに春の訪れを感じたら…≫

このコラムで毎度「二十四節季」に触れておりますが、年明けの「小寒」から晩春の「穀雨」の間には、マナーうんちく話35《二十四番花信風》」で触れましたが、花を咲かせる風が吹くとされています。
ちなみに、平成25年は1月5日が小寒で、4月20日が穀雨になります。

春の訪れをいち早くキャッチするのは、「春になれば先ず咲く花」の「マンサク」ですが、続いて「梅」が可憐な花を一輪、また一輪と咲かす頃です。

菅原道真が詠んだ、「東風吹かば におひおこせよ 梅の花 主人なしとて 春なわすれそ」の和歌を思い浮かべる方も多いと思います。

そして、昔懐かしキャンディーズの、「春一番」のメロディーを口ずさみたくなる頃でもあります。

インフルエンザや花粉症等が気になるところですが、やはり春の声を聞けば、気分が明るくなりますね。

ところで、春を目の前にして、最近笑っていますか?
嬉しいことや楽しい事が有って、思わず顔がほころんだり、大変面白いことに出くわし、お腹を抱えて大笑いしましたか?
これに該当する人は、ぜひ、その笑顔を持続して下さい。

反面、辛いことや悲しい事が有り気分が重くなったりしていませんか?
仕事がうまくいかなかったり、人間関係がこじれて、イライラしたり、落ち込んだりしていませんか?
このような方は、無理やりにでも笑顔を出すように努力してみて下さい。
多少なりとも気分が軽くなります。

日本には、「笑う門には福来る」と言う言葉が有ります。
この諺の意味は、「日頃からにこにこ微笑んでいる人には、自然に春が訪れる」、つまり、「にこにこしている人は幸せになりますよ」と言う意味です。

また中国には、桃や李(すもも)の花は、何も言わないが、その花の美しさにひかれて、多くの人が集まり、やがて道が開けると言う例えも有ります。

常にしかめ面をしている人より、にこやかにしている人の方が好印象を受け、そこには多くの人が自然に集まり、温かいコミュニケーションが生まれ、幸せの種が芽吹きます。

マナーとは、「思いやりの心」を表現することですが、思いやりとは、「相手に不快感を与えない」ことと、「相手に好感を与える」ことです。
そして、相手に好感を与える最も良い方法は「笑顔」です。

お見合い、婚活、名刺交換、自己紹介、プレゼン、面接試験等などにおいて、好感を持たれるのが笑顔です。

しかし、日本人は世界に誇る素晴らしい面を沢山持っていますが、残念ながら笑顔が苦手な人は決して少なく有りません。

笑顔は、たとえ作り笑顔でも、精神的にも肉体的にも良いことはわかってはいるものの、自分では気付かないうちに、ビジネスでもプライベートでも、ついつい渋い表情に成りがちです。

さらに悪いことに、イライラしたり落ち込んだりしている時には、それにつれて、姿勢も悪くなっているケースが多いものです。

意識して、表情を和らげ、笑顔を意識される事をお勧めします。

「別に楽しくも、面白くもないのに笑顔になれるか」と思いがちですが、それは感心しません。

「岡山ハッピーコミュニケーション」にも、笑顔作りのプロがいますが、「楽しいから笑顔になるのではなく。笑顔になるから楽しくなる」のだそうです。

気分を科学的に検証できるか否かは、専門家ではないので解りませんが、それでも、笑顔は人々に好感を与え、心豊かな生活の一助になることは確かなようです。

もうすぐ、東風(こち)が春を運んできます。
春をより楽しく暮らすために、今から笑顔の有る生活を心がけたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ