コラム

 公開日: 2013-02-09 

マナーうんちく話473≪お稲荷様と狐と油揚げ≫

商売をされている人にはなじみが深いと思いますが、今日は2月の最初の午(うま)の日ですから「初午」ですね。

全国的に稲荷神社の祭礼がおこなわれる日です。
春になって農業を開始する時に、「今年も何卒豊作でありますように」とお祈りするわけですが、現在では、お稲荷さんは、農業のみならず、商売繁盛や開運の神としてとらえられているようです。

お稲荷様の使者は狐だと言われていますが、近くにお稲荷様が有れば、狐の大好物である油揚げやお神酒等をお供えして、「初午参り」に行かれるのも良いですね。

ところで、お稲荷さんになぜ油揚げをお供えするのかご存知でしょうか?

もともと日本は、稲作を中心とした農耕文化で発展した国ですから、日本の「礼儀作法」や「しきたり」は、米と切っても切れない関係に有ります。

稲作は、畑を作り、水路を作り、それを管理しなければいけません。
大仕事ですから一人では無理で、多くの人が和を保ち、一致協力してこれに当たる必要が有ります。

つまり、働く時も、休む時も、全ての人が歩調を合わすことが大切です。
これが、日本における「しきたり」の起源です。

また、稲作には人の力だけでは無理な面が多々あります。
天気はとても重要な要素ですが、全ては自然が支配しています。

そこで、豊作になるために神様にすがらなければいけません。
日本のしきたりの多くは、神に祈る行事が多いのはこのためです。

さらに、相手が神様だから、その接し方にも大変神経を使わなくてはなりません。だから、日本の礼儀作法には美しさが求められています。
目出度い席で供せられる、「尾頭」付きの魚料理の食し方等は、その典型的な例です。

さらに、穀物を作るに当たって、それを食い荒らすネズミの被害が深刻で有ったわけですが、そのネズミを捕食してくれる、身近な存在だったのが狐です。

しかも、狐は大変賢い動物だったので、やがて狐が、人々の信仰の対象になったようです。

従って、最初は狐の好物である「鼠のてんぷら」を、お供えしていたようですが、殺生を嫌う仏教の影響も有り、やがて大豆を原料にした油揚げを、お供えしたと言うのが有力のようです。

ちなみに、甘く煮詰めた油揚げの中にすし飯を詰めた料理を、「稲荷ずし」とか「狐ずし」と言うのもそのためです。

そして、江戸時代には「初午の日」は、子どもたちが「寺子屋」に入学する日だったようです。

当時の子供は、この寺子屋に入学して始めて、共同生活したり、親以外の大人から色々と指導を受けるわけです。

また、その頃は文字を覚えるこがとても大切で、先ず墨を磨り、次に「いろはにほへと」の文字や、「一・二・三」等の数字を学び、基礎教育を身に付けたようです。

しかし、江戸時代といえども、幼い子供はやんちゃです。
時には悪ふざけもしますが、そんな時には、長い時間正座等が課せられされ、厳しく躾けられていたようです。

このようにして、細かい行儀作法や、師に対しての恩等、人間として大切な事を修得し、それに衣食住がなんとか安定してくると、他者に対する思いやりの心が目覚め、世界に誇る礼儀作法が一般まで普及したのではないでしょうか。

今、なにかと体罰が問題になっていますが、さりとて、何もかも過保護に育てられては将来が心配です。

ちなみに、旧暦の丑の日は、今日より一月以上後に成りますが、日本の入学式は諸外国と異なり春に行われるのは、意外にこの辺にあるのかもしれませんね。

桜の花と入学式。
日本ならではの春の風物詩です。

先進国に合わし秋入学が議論されているようですが、私にはピンときません。
日本の文化や礼儀作法は本当に奥が深いわけです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ