コラム

 公開日: 2013-02-07 

マナーうんちく話471≪「おもたせ」と「おうつり」のマナー≫

日本には世界に誇る贈答文化が存在しますが、それは神様と非常に密接な関係が有ります。

もともと、神様にお願い事をする際に、酒や魚介類や野菜等をお供えして、神事を執り行い、それが終われば、その供物を下げ、神事に参加した者に分け与えたわけです。

神事に参加する者は、村や地域や家族の代表者ですから、彼らはその分け与えられた供物を、村や地域や家に持ち帰り、皆に分け与えます。

これが日本の贈答の起源だと言われておりますが、神様にお供えするものが、主として、酒や魚介類や野菜になっていたので、その名残のせいでしょうか、今でも手土産は圧倒的に食べ物が多いようです。

ところで、来客をもてなす時に、客人が持参したお菓子等、すなわち「おもたせ」を、その場で出すか否かで、迷うケースも多々あると思います。

ちなみに「おもたせ」とは、客人が持参した手土産の尊敬語です。

「おもたせ」に関しては、「こうしなければいけない」という決まりはなく、あくまで臨機応変に対応したらいいと思いますが、一応の目安をお話しいたします。

客人を迎えるに当たっては、迎える側はそれなりの茶菓を用意しているので、あえて、客人が持参した菓子を頂く必要はないと思いますが、客人が、自分の持参した菓子を一緒に食べて、楽しい時間を共有したいと希望しているようでしたら、その菓子を、「お持たせで失礼ですが・・・。」等と言って出したらいいでしょう。

但し、改まった要件での来客には、こちらで用意した菓子が妥当だと考えます。

さらに、家庭で頂いた場合には、家族揃った時に、皆で仲良く召し上がられる事をお勧めします。

客人には、頂いたお礼を述べると共に、「折角の美味しそうなお土産ですので、今夜家族が揃った時に頂きます」、あるいは「○○様がお越し下さるのを楽しみにお待ちしていましたので、お菓子を用意いたしておりますから、このお土産は今夜家族で頂きます」等と伝えられたらいいでしょう。

また、家族で頂かれる時には、客人がどんなひとなのか、家族に是非紹介してあげて下さいね。

職場でも同様です。
「美味しそうなお土産ですから、休憩時間にスタッフ全員で有り難く頂きます」等と伝えられたら、喜んでいただけるのではないでしょうか。

そしてスタッフには、手土産を持参した客人を紹介して下さい。
手土産を持参した客人の情報が、スタッフ全員で共有できていたら、何かの機会でお礼を言うことができます。

客人と職場のコミュニケーションを図る上でも、職場の良好なチームワークを築く上でも、とても大切なことです。

加えて、今ではあまり見かけなくなりましたが、単なる手土産ではなく、改まった贈り物の場合には、進物盆に載せて「ふくさ」を掛け、風呂敷に包んで持参します。

客人は風呂敷から取り出して渡しますが、頂いた方は、丁寧にお礼を述べて、一旦別室に置きます。

そして、別室で品物を取り出し、元の部屋に帰って、「ふくさ」と「盆」を客人にかえすわけですが、このときに「懐紙」等をお礼のしるしに載せます。
これを「おうつり」と言います。

お隣さんから、皿に盛られた状態で手作りケーキなどを頂いたら、後で皿を返しますが、この際、チョッとした菓子等と共に返しますね。
今風の「おうつり」とは、このようなケースが多いようです。

「おもたせ」と「おうつり」、共に今後とも仲良い交流を図るために、長年続いている日本の美しい「しきたり」です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ