コラム

 公開日: 2013-02-05 

マナーうんちく話469≪エレベーターのマナー①≫

エレベーターの歴史はとても古く、紀元前ローマ時代までさかのぼるとされていますが、日本に初めて電動機式のエレベーターが設置されたのは1890年だそうです。

そして、日本で本格的に普及し始めたのは、1960年代になってからです。
東京オリンピックやマンションの建設がそれに拍車を掛け、今ではエスカレーターと共に、都市生活に欠かすことのできない乗り物になりました。

特に高層ビルでは、エレベーターの移動が前提となっておりますね。

加えて、日本は今まで世界が経験した事のない超高齢社会を迎えており、たとえ低い建物で有っても、エレベーターの必要性はますます高まって来ることは、容易に想像できます。

このような社会背景を受け、エレベーターのスピードや安全性も益々向上していることは確かですが、100%安全な乗り物ではありません。
痛ましい事故やトラブルの報道も珍しくありませんね。

さらにエレベーターには、急いでいる人の利用も多く、しかも狭い空間に見知らぬ人と居逢わす機会が多いだけに、素敵なマナーを発揮することが大切です。

そこで、今回は、エレベーターに関するマナーに触れてみます。
エレベーターの、「待つ時」「乗る時」「乗った時」「降りる時」等のマナーについて、順を追ってお話しします。

ところで、電車に急いで乗って、やっと間に会ったら、ひとまずホットします。
やれやれですね。

ところが、他の人が多く乗っているエレベーターに、ぎりぎり間に合ったら、ホッとしますが、電車のようなわけにはまいりません。

なぜなら、他の誰かが、ボタンを押して、乗れるように便宜を図ってくれた可能性が非常に高いからです。

ホッとする前に、「ありがとうございます」のお礼の一声が欲しいですね。
この一声で、ボタンを押して待ってくれた人も、その声を聞いた他の人も、心がなごみます。

逆に、当たり前のような態度で、「ありがとう」の言葉が聞こえなかったら、エレベーター内の空間はしらけます。

つまり、エレベーターはデパートのようにごく一部の物を除いて、利用者自らが操作する、非常に公共性の高い乗り物ですから、利用時には特にマナーが要求されると言うことを、認識して頂ければと思います。

エレベーターのマナーで、最初に大切な事は、エレベーターを待つ位置です。
扉の正面に立って待たないでくださいね。

扉があいて、目の前に見知らぬ人が立っていたらびっくりします。
また、降りる人の妨げにもなります。

扉の脇に立って待って下さい。
また待つ時に、急いでいる時についやってしまいますが、エレベーターのボタンを何度も押している人を見かけますが、これは見苦しいだけです。

落ち着いて待って下さい。前にもお話ししましたが、マナーは通常ではそんなに差は出ません。

しかし、急いでいる時には差が大きく出ます。
何回もボタンを押したからといって、早く来るものではありません。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ