コラム

 公開日: 2013-02-01 

マナーうんちく話465≪訪問のマナー「まとめ」≫

今まで、和室と洋室における「訪問」と「もてなし」についてお話しを進めましたが、復習や言葉足らずを兼ねて、それぞれの纏めをしておきます。

「訪問のマナー」で、最初に心がけることは、何と言っても事前予約です。
こちらの要件と目的を、手紙か葉書か電話で述べ、相手の都合のよい日時を決めて頂きます。
その際、所要時間等も伝えておけば、相手にも喜ばれます。
大切なポイントです。

また、喜び事や祝い事などで招待を受けた時には、返事を早めにして、「お招きありがとうございます。とても楽しみにいたしております」等と、喜びの気持ちを素直に伝えたらいいでしょう。

特に、食事に招かれた時には、服装や食卓での振舞い、及び言葉遣い等に注意が必要です。
このコラムの、「和食」、「洋食」、「立食」のテーブルマナーを参考にして下さい。

なお、外国人への訪問は、国民性、生活習慣、宗教等で、日本人とは異なる点が多いですが、礼儀を尽くす点は同じです。

ただ、手土産等は、クリスマスや誕生日を除けば、必ずしも持参しなければいけないことは無いと思います。
もし、「どうしても」と思われたら、花やワイン等がお勧めです。

そして、訪問する時間ですが、これについては様々な意見が有るようですか、相手も貴重な時間を都合付けて待っているわけですから、きめられた時刻通りに訪問されるのがお勧めです。

服装は、似合うかどうかより、訪問先の雰囲気や相手に合わすのがベターです。
服装ばかりではなく、爪や髪形にも注意して下さい。

改まった訪問では、深々とお辞儀をすることになりますので、ロングヘアーの場合はキチンと纏めて下さい。
靴も綺麗に磨いて下さいね。長めのブーツはお勧めできません。

コートやマフラーや手袋も日本人のお宅でしたら外で脱いで下さい。
なお、日本の生活習慣でしたら、帽子も脱がれるのがお勧めですが、止む終えない場合は臨機応変に対応して下さい。

挨拶は、玄関先では簡単に済ませます。
部屋の中に入るように勧められたら、履き物は前向きで上がり、身体の向きを変えて、履き物の向きを180度変えて、下駄箱側(下座)に置きます。

部屋に入ったら、先に本日最高の挨拶を済ませます。
和室でしたら、座布団には座らないで座礼をしますが、洋室でしたら立礼になります。

挨拶が済んだら、持参した手土産を、風呂敷や紙袋から取り出して、前向きの言葉と共に、両手で渡します。
その後、和室でしたら座布団を、洋室でしたら椅子やソファーに座るよう勧められます。

そして、茶菓が出されたら遠慮しないで、「ありがとうございます、頂きます」と言って、直ぐに頂かれたらいいでしょう。

暫くして、出された菓子や部屋の置物等を褒められたら、なおいいです。

予定時刻になったら、おいとまを切り出します。
帰宅する時は、スリッパは前向きで脱ぎます。
玄関でコートを着るように勧められたら、「ありがとうございます」といって着たらいいでしょう。
但し、手袋やマフラーは外で着用します。
最後に脱いだスリッパの向きを180度変えます。

家や職場に帰ったら、取り急ぎ電話でお礼を述べます。
さらに、その夜に、お礼の手紙をしたため翌朝投函します。
このお礼の手紙はとても大切です。
たとえ用件が叶わなかった時でも、心のこもった礼状はその人の品格を表します。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1401《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ