コラム

 公開日: 2013-01-31 

マナーうんちく話464≪「おいとま」と「お見送り」のマナー≫

心温まるもてなしは、要領のよさとか小手先のスキルより、来客への思いやりの心から生まれるものです。

客層、時間、気候、状況などに合わせ、相手の気持ちを考慮しながら、真心こめてもてなすことが何よりです。

とはいえ、自分を犠牲にしてまでのもてなしは無理が生じ、心の交流は図れません。
また、理屈はわかるけど、その場になったら、どのように接していいのか?迷うことも多々あります。

例えば、客が「おいとま」を切りだした際には、一旦引き留めた方がよいのか?言われるままお引き取り頂いた方が良いのか?大いに迷うところです。

このような場合、客層、訪問目的、滞在時間等にもよりますが、引きとめなければいけない決まりは有りません。
あくまで、自分の気持ちに忠実に従えばいいでしょう。

すなわち、来客に、もう少し、いて欲しいと思えば、相手の都合を伺い、さらに滞在して頂ければいいし、おいとまを切りだされて、やれやれと思えば、そのままお見送りすればいいでしょう。

来客も、いったん引きとめられれば気分が良くなりますが、さりとて、心にもない事を口にするのも失礼です。

また、いつまでたっても客が帰る様子が無い場合、ストレートに「お帰えり下さい」とは言いにくいものです。

このような時には、相手の「これからの予定」を伺えば、大抵の場合は、気がついてくれます。

しかし、それでもだめなら、こちらの都合をキチンと話して、おいとまして頂いたらいいと思います。

そして、客人を、お見送りをするわけですが、予め、客人の履き物を、玄関の中央部に揃えて置いて下さいね。

続いて、玄関先で、必要に応じて靴ベラ等を渡したり、コートや荷物等のお世話をし、門を開けて、客を見送ります。

この時、「どこで」、「いつまで」見送るかですが、改まった客の場合は、家や事業所の敷地と公道の境目まで出て、姿が見えなくなるまで見送ることをお勧めします。

そこまで見送られるとかえって窮屈だとの意見も有りますが、相手の心の内は解りません。
丁寧に越したことは無いと考えます。

さらに、来客を複数で応対していたら、応対した全員でお見送りすることが望ましいです。

よく在るケースですが、上司と部下でお見送りする時に、上司は事務的な挨拶だけでさっと中に入り、部下だけが最後まで見送りますが、これは感心しません。

出来る限り、一緒に最後まで見送って下さい。
たとえ、商談などが上手くいかなかった場合も、より丁寧に接して下さいね。
ここに、その事業所の品格が出ます。

手土産が有る場合は、帰り際に渡せばいいでしょう。
加えて、暗くなってから女性客を見送る場合は、駅まで送るとか、安全な場所までエスコートするなど、細かい配慮が必要です。

「終わりよければすべてよし!」と言われます。
物事は締めくくりが大切であると言うことです。
「仕上げが肝心」だと言うことですね。
いくら、客人といい話しになっても、最後が悪ければ何にもなりません。

もてなしに関しては、お見送りこそ、大切な締めくくりなのです。
決して、おろそかにしないで下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

48

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1388《健康は自分自身に贈る最良で最大のプレゼント》

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、今年こそはと新たな目標を定められた方も多いと思います。中でも禁...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ