コラム

 公開日: 2013-01-18 

マナーうんちく話451≪お神酒の頂き方のマナー≫

神様にお供えした酒を、神事の終了とともに下げて、神事に出席した者同士で頂くということは、神様の霊力を頂くことになるので、飲み方にも厳格なマナーが有ります。

私もホテルで長い間結婚式の仕事に携わっていた関係上、神前結婚式のお世話を数多くさせていただきましたが、何回経験しても、いつも身が引き締まる気持ちです。

それだけ、日本人にとっては厳粛な式典で有ると言うことですね。
特に、前回触れた「三三九度の盃」と「親族の固めの杯」は緊張の連続です。
それでは「三三九度」のマナーから解説いたします。

最初は、小さい盃を、新郎⇒新婦⇒新郎の順で頂きます。
次に、中位の盃を、新婦⇒新郎⇒新婦の順で頂きます。
最後は、大きい盃を、新郎⇒新婦⇒新郎の順に頂きます。

飲み方は、それぞれ3回に分けて飲みますが、1回目と2回目は口をつけるだけで、実際に飲むのは3回目です。

酒が飲めない人や、飲酒運転の恐れが有る時には、仕草だけでも構いません。

なぜ3回かと言えば、今まで何度もお話ししましたが、日本では奇数が格上の数字で、その最高の格を備えているのが9だからです。
以前取り上げた「手締め」も同じ理屈です。

三三九度の儀式は、新郎・新婦が「魂の共有化」を図るために行うわけですが、あえて9回に分けてお神酒を飲むのは、さらなる絆を深めるためです。

加えて「親族固めの盃」とは、両家が親族になった誓いを、お供えしたお神酒が注がれた盃を交わすことで表明する儀式です
これにより「親族関係」が成立するわけですね。
つまり、両家の新しい絆が結ばれるわけです。

頂き方ですが、先ず、巫女がお神酒を注ぎに来られたら、手を一度だけたたきます。

続いて、両手で盃を持ちますが、親指を上に、他の4本は下から受けて持ちます。手を叩くのは、お神酒を「いただきます」と言う意味が有ります

そして、巫女からお神酒を注いで頂きます。
重複しますが、この時には、必ず両手で受けて下さいね

全員に注ぎ終わったら、祭主または巫女の合図で起立して頂きます。
頂き方は3回に分けて頂きます。

頂いた後は、口をつけた盃の部分を、指で拭います。
この時は、人差し指と中指と親指を使用して下さい。
最後に盃を置きます。

以上ですが、日本人である以上、お神酒を頂かれるケースは多々あると思います。是非参考にして頂ければ嬉しい限りです。

ところで、正月に、お神酒をお供えする徳利に挿してある「飾り」を見かけたことは有りませんか?

前にもお話ししましたが、神様はたいそうお酒が好きですので、神様に「お酒をここにご用意いたしております」と言う事を、お知らせする飾りのことで、「ミキノクチ」といいます。

日本酒は本当に奥が深いですね。
一人しみじみ飲むのも良いでしょうが、仲間同士や夫婦や家族で酒を酌み交わすのは、ひとえに享楽より絆を深めるためと認識して頂ければと思います。

そのためには、とにかく楽しい酒をお勧めします。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?バレンタインデー商戦がピークを迎えました。今やバレン...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ