コラム

 公開日: 2013-01-17 

マナーうんちく話450≪お神酒(おみき)≫

日本酒はその製造方法もさることながら、飲み方に有史以前から語り継がれた独特の精神文化が存在し、現在でも、神事や「ハレの日」の飲み物として、脈々と伝わっています。

日本酒に関する先人の思いを理解し、その奥深さを知れば、美味しさもさらに引き立つし、儀式の意義が見えてきます。

そこで今回は、「お神酒(おみき)」についてのお話しです。

前回《日本人と酒》で触れましたように、昔から日本人は、神事などを行う時には、神様の大好きなお酒をお供えしてきましたが、これを「お神酒」といいます。

なぜお供えするのかと言えば、神様と仲良くなる事、つまり神様との良好なコミュニケーションを図るためです。

そして、神事が終われば、お供えしたお酒を下げて頂くわけですが、神様と同じ物を飲んだり食べたりすることで、神様の霊力を頂くとともに、神様の教えを真摯に受け止めることになります。

今でも、日本には世界でも大変ユニークな「贈答思想」が有りますが、その起源はどうやら、このへんに有るようですね。

ちなみに、「贈答のマナー」でも触れましたが、贈答の際には「熨斗(のし)」をつける場合が多々ありますが、その「熨斗」は、酒と一緒にお供えした「鮑(あわび)」です。

なぜ鮑かと言えば、鮑は、長寿で美味で保存がきくからです。
最初は、生の鮑だったのが、鮑を薄くスライスして、干して、延ばしたものをお供えするようになりました。

やがて、「結納の熨斗」のように、素晴らしい文化を築くわけですが、そこには日本ならではの「思いやりの心」が凝縮されています。

このように、日本では古くから、神様と共飲共食する考えが有り、酒が、人と神様、人と人を結びつけているわけです。

その考え方は今でも根強く残っています。
時節柄、新年ご礼会等を行う所も多いと思いますが、神様にお供えした酒を下げて、皆でその酒を飲み食わすことで、互いの絆をより深めることになります。

さらに、「神前結婚式」を経験された方はおわかりだと思いますが、神前式では「三三九度の盃」と「親族固めの盃」があります。

これらの儀式はまさに、お供えした酒を、新郎・新婦や、親族が飲み交わすことにより、末長い絆を築くことに他なりません。

「無縁社会」が深刻な社会問題になって久しいですが、無縁社会を「有縁社会」や「良縁社会」にするには、私は「結納の儀式」や「神前結婚式」は最高の特効薬だと信じてやみません。

日本は、新年の初詣には、日本人のほとんどが神様に祈願する国です。
だったら、冠婚葬祭の中でも、唯一当事者が主体的に行える結婚式も、このような思想をキチンと理解して頂けたら、神前式でされるカップルが急増すると思います。

次回は、「お神酒」の正しい飲み方のマナーに触れてみます。
是非お付き合いください。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1388《健康は自分自身に贈る最良で最大のプレゼント》

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、今年こそはと新たな目標を定められた方も多いと思います。中でも禁...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ