コラム

 公開日: 2013-01-13 

マナーうんちく話446≪「つまらないものですが・・」の真意とは?≫

何度もお話ししましたが、マナーには必ず合理的な理由が存在します。
しかし、今ではそれが正しく理解されないまま「形」のみが先行したり、間違ったまま伝えられたりしているケースが多々あります。

例えば「三つ指の挨拶」「畳の縁を踏むな!」等は、「思いやりの心」を言葉や態度で表現したものがマナーであると理解すれば、理屈に合わない気がします。

また、手紙を出した時に、用件が便せん一枚で足りた時に「もう一枚余分に白紙の便箋をつける」ことがありますが、これも今の時代にはふさわしくないと考えます。
マナーにも不易流行的な側面が有るからです。

そして、互いに本来の意味を理解しないまま、曖昧な気持ちで使用されている言葉が、人にモノを贈る時に発する「つまらないもの」と言う言葉ではないでしょうか?
前回触れました「賞味」とか「査収」によく似ている言葉ですね。

例えば、他家を手土産持参で訪ねて、その手土産を相手に渡す時に、「つまらないものですが、どうぞ」等と言って渡します。

外国人だったら当然日本の独特の表現の仕方は理解できませんので、「つまらない」と言う言葉をストレートに解釈して、「なぜ、つまらないものを私にくれるの?」ということになり、角が立ちます。

でも、日本人同士だったら、直接の意味は分からないけど、おぼろげながら謙虚な気持ちが組みとれて、そんなに不快感はありません。

しかし、品物を差し上げる方と、頂く方が、「つまらないもの」と言う言葉の本来の意味を正しく理解しておれば、互いにより好感が持てます。

マナーの世界では、言葉遣いはとても大切です。
しかし、日本語はとても難しくて、使い分けるにはかなり勉強しなければいけません。

特に敬語は複雑すぎて理解するのに大変です。

ちなみに敬語には、相手や第3者に対して敬意を表す、つまり相手を立てる「尊敬語」と、自分自身がへりくだることにより、相手に対して丁寧に伝える「謙譲語」、さらにいい方を丁寧にして、相手に敬意を表す「丁寧語」があります。
加えて、自分の発する言葉を品良くするための「美化語」もあります。

そして、尊敬語や謙譲語は状況により使い方が変わりますから、これらをすべて完ぺきに駆使することは、余程の人でない限り無理だと思います。

敬語な苦手な方は、「です」「ます」調で、心を込めて話しをされたらいいと思います。私も難しい敬語は良く解りません。

さて、「つまらないモノですが・・・」の使い方ですが、「凡人の私にとっては大変高価で素晴らしいものですが、社会的な地位やお金が有るあなたにとっては、さほど大したモノではない」と言う意味です。
つまり、自分をへりくだり、相手を立てた言葉なのです。

日本語は、誰でも、いつでも同じではなく、相手によって上手に使い分けるセンスが大切です。

これは、言葉遣いだけでなく、お辞儀等もそうです。
いずれも、年齢、立場、親しさ等により上手に使い分けることが肝心です。

使い方に自信が無い場合は、「つまらないものですが」と言うより、「なぜこの品物を選んだか」と言う、「前向きの言葉」を添えられるのがお勧めです。

「甘さ控えめのとても品の良い味の、岡山名産のお菓子です。お口に合えば嬉しいです」等の前向きで、具体的な表現が喜ばれると思います。

後日、持参した手土産の渡す「タイミング」や「渡し方」等にも詳しく触れて参ります。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ