コラム

 公開日: 2013-01-06 

マナーうんちく話439≪旧暦って、どんな暦なの?≫

正月は、一年で最も寒い時期なのに、年賀状では「初春」とか「新春」とかのように、「春」の字が使用される事を、おかしいとは思いませんか?

その理由は、昔は「旧暦」だったので、今の「節分」、すなわち「立春」の頃が正月だったからです。
だから、今でも立春が一年の起点になっているケースが多々あります。

例えば、新茶を摘む「八十八夜」は、立春から数えて88日目で、台風の被害が懸念される「二百十日」も、立春から数えて210日目です。

ところで、「旧暦」と言えば大変古めかしい気がしますが、そんなに遠い昔のことではなく、以前にも触れましたが、日本で暦が、現在使用されている「新暦」に変わったのは、明治5年からです。

長年慣れ親しんだ旧暦をなぜ変えたかと言えば、日本は明治維新後、欧米諸国と、国交をスムーズに行う必要が生じ、そのためには、暦も西洋の暦に合わせたほうが何かと便利がよかったからです。

ちなみに、明治以前は中国や朝鮮半島の影響を多分に受けていましたが、明治以降は欧米諸国の影響が断然強くなりました。

具体的には、挨拶も欧米の握手が取り入れられました。
さらに西洋医学、洋食、洋楽、洋服を始め、法律や技術等も欧米を見習っています。

マナーやエチケットの概念が、イギリス・アメリカ、フランスから入ったのもこの頃ですね、

しかし、衣食住全てが、急激に変化したわけではありません。
何千年もの長い間、日本の地に根差した文化やしきたりは、そう簡単には変わらず、新旧が入り乱れていた時代がしばらく続きます。

暦もしかりです。
西洋諸国との貿易などでは新暦が使用されていましたが、一般庶民の間では旧暦が依然として幅を利かしていたようです。

そして、都会から次第に新暦が浸透し、盆や正月を、新暦で行うところと、旧暦で行うところが出てきてわけです。

私も、幼い頃には、生まれ育った家では新暦で、父母の実家では旧暦で、つまり、一年で2回正月を祝った経験が有ります。

新暦が殆どの地域で使用されるようになったのは、高度経済成長期に入り、日本人全ての生活水準が上がり、電化製品など都市部と山間地域の差がなくなってからです。

つまり、ごく最近の事だと言うことです。

このように今では、殆どの年中行事が新暦で行われていますが、新暦ではピンとこないことも多く存在します。

だから、年中行事は今でも旧暦の視点で行えば、その本来の意味や、その行事に込められた先人の思いがヒシヒシと伝わってきます。

今年は、なにもかも、コマーシャルリズムに乗せられるのではなく、正しい視点で、四季の美しい日本ならではの一年を味わいませんか。

旧暦には、人と人との絆を深め、心豊かな生活を謳歌するヒントが沢山詰まっています。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1531《頼りにされる人になるための心構えとは?》

彼岸過ぎに街を歩いていると、秋の風に乗って、どこからともなくいい匂いが漂ってくることがあります。小さなオ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ