コラム

 公開日: 2012-12-31 

マナーうんちく話433≪大晦日と年越し蕎麦と除夜の鐘≫

毎月の月末の事を「晦日(みそか)」と言います。
そして、一年の最後の月の月末を「大晦日」と呼ぶようになりました。

また晦日を「つごもり」と呼び、大晦日は「おおつもごり」とも言われます。

さて、大晦日には「年越し蕎麦」を食しますが、これは江戸時代からの風習です。江戸時代の金細工職人が、仕事で飛び散った金粉を集めるのに、そば粉で作った団子を使用していたので、大晦日にそばを食べると、金運に恵まれると言う言い伝えが有ります。

当初は、そば粉で作った団子を食べていたようですが、次第にそば切りを食べるようになったそうです。

細長くて、腰が強いそばを食べると、「丈夫で長生きできる」と言われておりますが、いずれも縁起担ぎです。

また、「年越し蕎麦は」、地域によっては「つごもり蕎麦」ともいわれます。

そして除夜の鐘ですが、108あると言われている人間の煩悩を打ち消すために、全国津々浦々のお寺でつかれます。

31日に107回打ち、歳が明けて、最後の1回を打つならわしが有るようですね。

ところで、大晦日には、徹夜をされる方が多いと思います。
今はテレビを見られる方がほとんどですが、実は、昔から大晦日には、徹夜をするしきたりが有りました。

なぜ徹夜をしなければいけないか?と言えば、これには、とても大切な意味が込められています。

大晦日は、古い年から新しい年に変わる、一年の境に当たる日ですので、色々な物を、次の年に引き継がなければいけません。

中でも、生活の必需品である「火」を絶やすわけにはいきませんので、徹夜で日の番をしていたわけです。

さらに、ご先祖様が正月にお帰りになられるのに、寝ていたら失礼だと言う説も有ります。


今年一年、「マナーうんちく話」にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

お陰さまで、「朝礼でいつも参考にしている」「お見合いが上手くいった」「結納を行う時にとても役に立った」「レストランに行く時予習していった」「年中行事を家族で行うようになった」「箸置きを使用するようにした」等など大変多くの嬉しい声を聞かせて頂きました。

加えて、コラムをお読みいただいた企業、諸団体、学校、行政、地域、社会福祉協議会、病院、施設、宗教法人等などから講演・講座依頼を受け、とても充実した一年でした。

来年はヘビ年ですが、ヘビは脱皮するから、「再生」とか「復活」を意味するそうです。
来年が元気な年になりますように・・・。

それでは、どうか良いお年をお迎えください。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1566《地域のふれあい会で「和食の出前講座」を開催し大好評》

日差しの弱まりを感じる季節ですが、小春日和の穏やかな天気に恵まれた11月15日に、岡山県の和気町の地域のふれあ...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1565《「新嘗祭」と「勤労感謝の日」》

稲刈りを終えた田んぼが静かなたたずまいを見せております。日本は「瑞穂の国」といわれるように、稲作を中心と...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ