コラム

 公開日: 2012-12-25 

マナーうんちく話427≪愚痴と悩み≫

人間だれしも完璧な人はいません。
多かれ少なかれ、愚痴や悩みはあります。

それを、口に出すか、出さないかだけです。
しかしその差は大変大きいです。

愚痴と悩みは明確な違いが有りますが、ご存知でしょうか?
この違いを理解すれば、「言うべきか?」、「言わざるべきか?」、あるいは、「誰に言ったらよいか?」が判断できます。

「愚痴」は、すでに答えが決まっており、今さら口にしても仕方ないことです。
だから、出来る限り言わない方が良いです。
特に、アルコールが入いれば決まって愚痴る人がいますが、これでは楽しく有りません。

しかし、正直言って、たまには愚痴の一つでも聞いて欲しい時も有ります。
その相手は、伴侶が一番だと思いますが、親友でもいいです。

愚痴を言える相手を持つと言うことは、とても大切な事だと考えます。
そのためには、相手の愚痴も、思いやりの心で聞いてあげることです。

一方、「悩み」は、思い煩うことや、心の苦しみを指します。
これを解決するのは、我慢や時間ではありません。

誰かに相談したり、専門知識を自ら得ることが、解決の糸口になります。
誰かとは、愚痴を言える相手より、その悩みの内容に精通している人が最適です。
例えば、仕事上の悩みなら同僚や上司が相談相手になるし、身体の悩みなら医者になります。

「悩み事相談室」と言うのは行政等色々と有りますが、「愚痴相談室」はあまり聞きません。

愚痴はなるべく言わないようにするか、言ってもごく親しい特定の人にとどめるのが良いと思いますが、悩みは積極的に、その専門の人に相談するのがお勧めです。

ちなみに、これとよく似たケースで不平・不満が有ります。

「不平」は要求が満たされなくて穏やかではない状態で、「不満」は納得できず心が満たされないと辞書にはありますが、どうやら明確な違いは無いようです。

しかし、いずれにせよ不平・不満、さらに陰口を言うのは、相手がだれであろうと感心できません。
もし不平・不満が有れば、正々堂々と、筋を通して、直接相手と話をした方が良いと思います。

但し、職場の上司に不平・不満が有る場合等は、当然リスクが伴います。
それを覚悟の上で言うか、リスクを恐れて曖昧にするかは、人それぞれです。

ただ、不平・不満ばかり口にしていると、人間関係を悪化させます。
天に唾を吐くようなものです。

例え、不平・不満を言い合える仲間を集めても、そこには生産性は有りません。自己嫌悪に陥り、自分の評価を下げるだけです。

「悩み事」はだれかに相談し積極的に解消すべきだと思いますが、「愚痴」や「不平・不満」は、「癖」と同じで、すこしでも改善し、新たな気分で、新年を迎えられる事をお勧めします。

心が晴れ晴れし、人生が明るく開けますよ!

ということで、次回から正月に関連する内容になります。
よろしくお付き合いください。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ