コラム

 公開日: 2012-12-24 

マナーうんちく話426≪クリスマスイブ≫

西暦2012年もいよいよ残すところ一週間になりました。
「西暦」とは、イエス・キリスト生誕から何年たったかと言うことですが、今やこの年号が、国際社会で最もポピュラーになっています。

その理由は、キリスト教圏であるヨーロッパ諸国の、世界進出だと言われておりますが、日本でも、明治維新と共に欧米諸国との交流が盛んになり、明治5年から西暦が使用されました。
しかし、実際に庶民の日常生活に浸透したのは戦後です。

そして今日は「クリスマスイブ」。
12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの生誕をお祝いする行事ですが、日本では、25日より、24日に標準を合わせ、クリスマスツリーを飾ったり、クリスマスケーキを食べたり、クリスマスプレゼントを贈ったり、贈られたりします。

ちなみに、「イブ」とは、「evening」であり、クリスマスイブは24日の夜を指差す言葉だと思いますが、日本ではクリスマス全体を指すようになっていますね。

そしてクリスマスのシンボルになっているのは、なんといってもサンタクロースですが、以前にも触れましたが、サンタクロースのモデルは、イエス・キリストではなく、聖ニコラウスという司教です。

ところで、世界中で一番多く読まれている本はご存知でしょうか?
毛沢東語録やハリー・ポッターもすごいですが、断トツで「聖書」です。

しかし、日本人で聖書を読んだ人は少ないのではないでしょうか。
しかし、イエス・キリストの誕生日は、盛大にイベントを執り行います。

最近は特に、イルミネーションが素晴らしいですね。
日本全国津々浦々、この時期になると、クリスマス用のイルミネーションが夜空を美しく照らしていますが、寒風の中、コートの襟を立てて眺める、イルミネーションは、宗教には関係なく、街の元気さや人の温かみを感じます。

イルミネーションとは、「照明」と言う意味です。
つまり、紅葉等を照らす「ライトアップ」ではなく、電飾等をつけた電線の照明のことです。

ちなみに、イルミネーションと言えば、神戸ルミナリエが有名ですが、「ルミナリエ」は、イルミネーションと同じような意味を持つイタリア語だそうです。

また、今日は殆どの人が口にするのが「クリスマスケーキ」ではないでしょうか?

「おせち料理」と同じ位、激しい商戦が毎年繰り広げられていますが、全体の売り上げは、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

いずれにしても、年間を通じ、多彩な行事に囲まれて、お祝いしたり、美味しい物を食べたり、楽しいイベントをしたり、プレゼントの交換をしたりすることができる、平和で豊かな国と時代に生まれたことに深謝したいものです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1702《そろそろ土用丑の日。うな重の美味しさをどう表現する?》

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1699《「水害御見舞」のマナー》

このたびの大雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、くれぐれもお身体にご留意さ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1698《社交辞令にも素敵なマナーを》

プライベートシーンでもビジネスにおいても「社交辞令」を言ったり言われたりする場面は多々あります。例えば...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ